« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月26日 (土)

須磨 

Dscn0010

須磨の海が目の前に広がります。子供達がはしゃぎ回るビーチはずっと向うにあります。静かな時間だけが過ぎていきます

今日はTODAYのウィンカーが点滅しなくなったのでホンダドリーム神戸灘店へと修理にやってきました。代車を借りることが出来るか尋ねるとベンリィ110を提供してくれました。原付2種の貸出は嬉しいです。30km制限や2段階右折に悩まされずに済むからです。

三井アウトレットパーク「マリンピア神戸」で昼食を取り、明石の「魚の棚」や淡路島行の船乗り場へ立寄ります。以前のたこフェリー乗り場はガラッと様相を変えていました。

塩屋の町を散策し、異人館にも行ってきました。その存続が危ぶまれていた館には辿り着けず、山手の一館だけ観ることが出来ました。

新長田の鉄人28号に挨拶して、新神戸空港まで足を伸ばしました。小保方さんの理研にも立寄ろうかなと思いましたが賑やかしい一人になるのも嫌なので我慢しました。

TODAYは予想通りバッテリー切れが不良の原因だったようです。バッテリー※代9,100円に工賃が加わり合計10,180円也。

元気になったTODAYは帰り道、スキップしている様でした。

※GS-YUASA YTX4L-BS

Dscn0022 Dscn0038
Dscn0044 Dscn0043
Dscn0054 Dscn0061
Dscn0079 Dscn0084
Dscn0091 Dscn0095
Dscn0104 Dscn0106
Dscn0111 Dscn0121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

ならまち 

Dsc_0890

ホテルにバイクと荷物を預かって貰い、ならまちを散策します。歩くことで見える景色があります。これは30kmで走るバイクでも見ることの出来ない風景です。

『ならまち格子の家』は江戸末期の町屋を再現した入場無料の見学施設です。「行ってよかった無料観光スポット2013」で日本7位に選ばれたそうです。

http://www.tripadvisor.jp/pages/FreeAttractions_2013.html

Dsc_0886 Dsc_0882
Dsc_0878 Dsc_0892
Dsc_0895 Dsc_0896
Dsc_0908 Dsc_0917
Dsc_0914 Dsc_0924
Dsc_0921 Dsc_0928
Dsc_0930 Dsc_0938
Dscn0064 Dscn0069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春日大社 ~朝のお参り~

Dsc_0734

朝6時半に一之鳥居で集合です。予約も不要でしかも無料です。春日大社の神主さんが約1時間を掛けて御旅所、飛火野を巡り、参拝所までゆっくりと散策をしながらご案内して下さいます。素敵な時間を頂戴しました。朝のお参りはお勧めです。

ホテルの朝食とチェックアウト時間が気になりましたが全然OKでした。朝食のバイキングは和洋共に美味しそうでどちらにするか迷いました。だから両方食べました(笑)。坪庭寄りの一等席で砂糖とミルクを多めに入れたコーヒーを戴きました。

Dsc_0711 Dsc_0720
Dsc_0742 Dsc_0761
Dsc_0774 Dsc_0778
Dsc_0792 Dsc_0799
Dsc_0814 Dsc_0815
Dsc_0850 Dscn0049
Dscn0055 Dscn0056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

ライトアッププロムナード・なら2014 

Dsc_0543

夜景を観るバスツアー(500円)も選択肢のひとつでしたが拘束時間が気になりイルミ奈~らを選択した僕です。イルミを出たら真っ直ぐに浮見堂へと向かいました。途中、警備の方に道を尋ねますが誤った情報を自信を持って回答してくれます。案内板を頼りに薄暗い道を進んでいきます。

浮見堂はライトアップというには暗すぎる中にありました。でも写真で撮ると良い感じに映るので不思議です。被写体のお堂の中にはアベックが一組いました。気付いているのに気付かないふりをして大人の対応です。写真を撮るのに右回りに廻りこむとアベックも移動して行きます。大人のかくれんぼです。

Dsc_0527 Dsc_0538
Dsc_0573 Dsc_0593
Dsc_0599 Dsc_0642
Dsc_0652 Dsc_0680

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルミ奈~ら 

Dsc_0205_2

春日大社神苑『萬葉植物園』で7月19日(土)から9月30日(火)まで『イルミ奈~ら』が開催されています。今年が初めての試みです。

1,000円の入園料を支払って会場に入っていくと2頭の鹿たちが出迎えてくれます。まだまだ知名度が浸透していないのか会場はガラ空きの状況でした。

展示物は第一回ということもありシンプルな構成でした。リピーターが出るようにもう一工夫欲しい処です。

それでも癒し系のイルミネーションをゆっくりと観ることが出来たので満足度は高くありました。

Dsc_0192 Dsc_0201
Dsc_0234 Dsc_0263
Dsc_0269 Dsc_0272
Dsc_0292 Dsc_0315
Dsc_0318 Dsc_0387
Dsc_0414 Dsc_0417
Dsc_0448 Dsc_0456
Dsc_0499 Dsc_0513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良国立博物館 ~醍醐寺のすべて~ 

Dsc_0079_2

当日券は1,500円とちょっぴりお高いゆえに本当に興味ある人しか来ず、ゆっくりと鑑賞できると思っていました。しかし会場は結構な賑わいで嬉し悲しでありました

15時からは醍醐寺僧侶達による法要があり読経の世界にどっぷりと浸かることが出来ました。立ったまま身動きも出来ず後半はちょっとフラフラしてしまいました。また16時からは法話も会場を移して行われ京都にある醍醐寺と奈良との繋がりを教えて頂いたりしました。

博物館と仏像館とは地下道で結ばれています。炎天下の中を歩かずに済むのは有難かったです。ただ残念だったのは以前はOKだった仏像館での写真撮影がNGとなったことでした。

静かに鑑賞したい人達の想いを大切にした結果だと思いますが、ファインダーを通して仏様達とじっくりお話が出来たその時の濃密な時間は今回は感じることが出来ませんでした。

奈良は神の遣いである鹿が大切にされています。車道を鹿たちがまるでリビングで寛ぐ親父のようにしておりました。車はその横を大回りしながらゆっくりと避けて通ります。良い光景です。

Dsc_0059 Dsc_0063
Dsc_0072 Dsc_0090
Dsc_0115 Dsc_0151
Dsc_0121 Dsc_0171
Dsc_0156 Dsc_0160
Dsc_0163 Dsc_0170
Dsc_0174 Dsc_0177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良 

Dsc_0658

【旅のコース】 (1日目)西宮→RSタイチ→阪奈自動車道→奈良→サンルート奈良(今宵の宿)→東大寺門前「夢風ひろば」→奈良国立博物館(『醍醐寺のすべて』・法要・法話)→宿→天下一品(夕食)→近鉄奈良駅→総合観光案内所→春日大社神苑「萬葉植物園」イルミ奈~ら→ライトアッププロムナード・なら2014(浮見堂・一之鳥居・興福寺五重塔・猿沢池)→宿

 

(2日目)宿→春日大社朝のお参り→宿(朝食)→ならまち(庚申堂・ならまち格子の家)→宿→若草山→阪奈自動車道→2号線→万博公園→1号→清水→171→YSP箕面店→西宮

奈良国立博物館で『醍醐寺のすべて』展が開催されています。京都のお寺さんがなぜ奈良で?は醍醐寺のお坊さんが法話の中で教えて下さいました。

招待券をゲットしたので『どうせなら』と奈良で宿を取り夜の奈良まで丸ごと楽しむことにしました

Dscn0004 Dscn0009
Dscn0015 Dsc_0010
Dsc_0011 Dsc_0032
Dsc_0045 Dsc_0052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

弓削牧場 

Dscn0044

今日は曇り時々雨の予報です。でもカーテンから太陽の光が見え隠れしています。これは行かねばなりますまいと六甲山を東から西へ横断してきました。

神戸市立森林植物園を通過し西六甲ドライブウェイの西終点の三叉路を右折、428(有馬街道)号を北上します。すぐに大正坊の三叉路があるのでそこを右折していくと牧場とは縁遠い住宅街が広がっています。

広陵中学が左手に見えてきたら右折、そのタイミングは下写真にもある様に小さな牛さんの看板が教えてくれます。そのまま道なりに真っ直ぐに進んでいくと牧場入口に到着します。本当に忽然と現れる感じです。初めての人は間違いなくびっくりします。

ソフトクリームを頬張れば目的達成。牛舎の牛さん達に挨拶をして帰路に着きます。家までもう少しという処で土砂降りの雨。暫し雨宿りを余儀なくされます。参ったなぁ~

Dscn0027 Dscn0029
Dscn0054 Dscn0056
Dscn0058 Dscn0060
Dscn0067 Dscn0068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君に恋した夏 

Dscn0026

https://www.youtube.com/watch?v=FEWFXzwFaAI (動画)

http://www.kasi-time.com/item-4628.html (歌詞)

「淋しくて淋しくて君のこと想うよ」 

「悲しくて悲しくて君のこと想うよ」

嬉しい時楽しい時、淋しい時悲しい時、どんな時でも僕はバイクに乗る

「君に恋した夏」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

交通安全祈祷 

Dscn0176 

フィットの祈祷を廣田神社でお願いしました。雨がそぼ降る中、手水舎横の車祓所に止めていた車を巫女さんから拝殿前に回す様に云われました。

http://www.hirotahonsya.or.jp/kitou.html

拝殿内で祝詞の奏上、お守りと撤下品の授与の後、神職が車をお祓いして下さいます。今までしたこともない脱輪(左前)をしたり最近ちょっぴり変な僕です。神様に交通安全をお願いさせて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

仏蘭西 

P1070367_2

ちょっとフランスへ行ってきました。。。 なんて言える日はまた来るのだろうか。

日本大好き人間ですがこんな光景を見ることが出来るのなら「いいじゃん、外国も・・・」とちょっぴり思ったりしてしまいます。

フランスは仏(ほとけ)の国と書くんだよなぁ~。これも何かのご縁かも。

P1070503 P1060893

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

高野山 ~2日目~ 

Dsc_0747 

朝のお勤めは少し遅い7時からです。10分ほど前に部屋までお坊さんが呼びに来てくれます。ご本堂では長椅子が用意されています。正座をすることを覚悟していましたがこれは楽ちんです。宿泊客に外国の方が多くなったことが一因の様です。

この日の参加者も半分が外国の方達でした。ご住職は日本語での法話の後、英語でご説明されていました。う~ん、カッコいい。四国別格20ヵ所を巡った折に作ったお数珠を持っていると食事処へと案内をして下さったお坊さんが気付いてくれました。ちょっと嬉しく感じました。

朝食は和歌山県指定文化財書院の大広間で戴きます。とても素敵な空間です。お殿様になった気分です。食後に朝の庭を散歩し気持ち良い空気をたくさん戴いたら少し早目にチェックアウトの手続きをします。車はそのまま駐車場に置かせて貰って奥之院さんへお参りに。

大杉が連なる苔むす参道をゆっくりと進んでいきます。ここに居る自分がとても好きです。

1,200年もの間、晴れの日も雨の日も風の日も嵐の日も暑い日も寒い日も一日も途切れることなくここ高野山奥の院では弘法大師「空海」に食事が届けられています。もう何度もこの地に足を運んでいるのですがその場に出会わせたのは初めてでした。嬉しくて少し小走りになって思わず追っ掛けてしまう僕が居ます。

休憩処でお茶を頂きます。そこでは日に数度法話を聴かせて頂くことが出来ます。この日は四国88ヵ所のお寺を護る田中ご住職のお話です。同行三人(二人ではなく)、祈りの手を合わせる掌の皺を合わせる幸せ、拳(こぶし)を作ると出来る節、それを合わせると不幸せ、など面白おかしく心に残る様にお話して下さいました。

再びフィットの待つ宿へと戻るときポツリポツリと雨が降って来ました。

帰路、犬鳴山へ立寄る予定はあっさりとキャンセルして再びナビ任せ。途中、渋滞にも嵌まりましたが然程遅くならずに帰ってくることが出来ました。

【D7000】

Dsc_0441 Dsc_0444
Dsc_0445 Dsc_0447
Dsc_0450 Dsc_0461
Dsc_0473 Dsc_0485
Dsc_0492 Dsc_0495
Dsc_0498 Dsc_0561
Dsc_0506 Dsc_0527
Dsc_0530 Dsc_0546
Dsc_0552 Dsc_0553
Dsc_0555 Dsc_0564
Dsc_0580 Dsc_0594
Dsc_0601 Dsc_0612
Dsc_0607 Dsc_0610
Dsc_0626 Dsc_0633
Dsc_0634 Dsc_0677
Dsc_0663 Dsc_0772
Dsc_0735 Dsc_0817
Dsc_0778 Dsc_0783
Dsc_0790 Dsc_0827
Dsc_0838 Dsc_0883
Dsc_0860 Dsc_0896

【S8200】

Dscn0243 Dscn0250
Dscn0255 Dscn0267
Dscn0274 Dscn0280
Dscn0284 Dscn0299

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

高野山 ~1日目~ 

Dsc_0265 

上掲写真は西利の笹巻あんぷ(麩饅頭)

http://www.fudouin.or.jp/index.html

いつものコースに縛られず新しい道との出会いを期待して今日も十津川へ行った時と同じようにナビの赴くままに身を任せることにしました。先日、初めて近くでご対面した阿倍野ハルカスを再び見上げることになりました。

その後はトイレ休憩のコンビニ立寄りだけで真っ直ぐに高野山へと向かいます。西宮を8時半に出発し、お昼の12時には高野山の入り口にある大門に到着。女人堂にも立寄った後、チェックインまでまだ時間がありましたが今宵の宿である不動院さんに車を置かせて貰いました。

賑わうメインストリートにある食事処でお昼を食べて金剛峯寺を拝観しお土産屋さんをブラリ。時間があれば奥之院さんへも、と欲張っていましたが一寸草臥れました。奥之院さんへは明日行くことにして宿に戻りチェックインです。

部屋で宿帳を書き、写経したい旨を伝えます。筆ペンだと1,000円、筆だと1,500円です。筆はプレゼントされるとのことですが家では使わないので筆ペンで申し込みます。座して書くのが苦手な人には椅子と机も用意してくれます。

部屋のエアコンは暖房にセットしていると教えてくれます。7月にも拘らずです。畏るべし高野山。暑がりで寒がりの軟弱仕様の僕ですがこの日寝る時にはエアコン無しで丁度良かったです。

16時半から入れると教えて貰った風呂には勿論一番風呂狙いで浴衣に着替えて向かいました。4つの蛇口がある風呂はひとりには広すぎる位でした。ボッチャンとお湯に浸かると身体が溶けるように気持ち良さが広がります。

食事は庭の見える素敵な個室に案内されました。料亭で食べている様な贅沢な空間です。精進料理は一品一品が丁寧に造られた素敵な作品の様でした。

寝る前には再びお風呂へ。タイミングが良いのかまた風呂を独り占めです。残念ながら朝風呂はやっていません。お宿での最後の湯を楽しみます。

【D7000】

Dsc_0008 Dsc_0009
Dsc_0020 Dsc_0026
Dsc_0038 Dsc_0044
Dsc_0045 Dsc_0046
Dsc_0060 Dsc_0067
Dsc_0073 Dsc_0086
Dsc_0088 Dsc_0097
Dsc_0100 Dsc_0104
Dsc_0109 Dsc_0112
Dsc_0064 Dsc_0121
Dsc_0134 Dsc_0143
Dsc_0145 Dsc_0147
Dsc_0158 Dsc_0166
Dsc_0188 Dsc_0206
Dsc_0193 Dsc_0211
Dsc_0217 Dsc_0230
Dsc_0234 Dsc_0254
Dsc_0255 Dsc_0256
Dsc_0258 Dsc_0270
Dsc_0231 Dsc_0285
Dsc_0272 Dsc_0281
Dsc_0298 Dsc_0318
Dsc_0323 Dsc_0360
Dsc_0375 Dsc_0384
Dsc_0390 Dsc_0395
Dsc_0396 Dsc_0398
Dsc_0401 Dsc_0403
Dsc_0408 Dsc_0417
Dsc_0422 Dsc_0426
Dsc_0428 Dsc_0430

【S8200】

Dscn0029 Dscn0107
Dscn0136 Dscn0138
Dscn0139 Dscn0156
Dscn0163 Dscn0166
Dscn0169 Dscn0204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »