« 高野山 ~1日目~  | トップページ | 仏蘭西  »

2014年7月 6日 (日)

高野山 ~2日目~ 

Dsc_0747 

朝のお勤めは少し遅い7時からです。10分ほど前に部屋までお坊さんが呼びに来てくれます。ご本堂では長椅子が用意されています。正座をすることを覚悟していましたがこれは楽ちんです。宿泊客に外国の方が多くなったことが一因の様です。

この日の参加者も半分が外国の方達でした。ご住職は日本語での法話の後、英語でご説明されていました。う~ん、カッコいい。四国別格20ヵ所を巡った折に作ったお数珠を持っていると食事処へと案内をして下さったお坊さんが気付いてくれました。ちょっと嬉しく感じました。

朝食は和歌山県指定文化財書院の大広間で戴きます。とても素敵な空間です。お殿様になった気分です。食後に朝の庭を散歩し気持ち良い空気をたくさん戴いたら少し早目にチェックアウトの手続きをします。車はそのまま駐車場に置かせて貰って奥之院さんへお参りに。

大杉が連なる苔むす参道をゆっくりと進んでいきます。ここに居る自分がとても好きです。

1,200年もの間、晴れの日も雨の日も風の日も嵐の日も暑い日も寒い日も一日も途切れることなくここ高野山奥の院では弘法大師「空海」に食事が届けられています。もう何度もこの地に足を運んでいるのですがその場に出会わせたのは初めてでした。嬉しくて少し小走りになって思わず追っ掛けてしまう僕が居ます。

休憩処でお茶を頂きます。そこでは日に数度法話を聴かせて頂くことが出来ます。この日は四国88ヵ所のお寺を護る田中ご住職のお話です。同行三人(二人ではなく)、祈りの手を合わせる掌の皺を合わせる幸せ、拳(こぶし)を作ると出来る節、それを合わせると不幸せ、など面白おかしく心に残る様にお話して下さいました。

再びフィットの待つ宿へと戻るときポツリポツリと雨が降って来ました。

帰路、犬鳴山へ立寄る予定はあっさりとキャンセルして再びナビ任せ。途中、渋滞にも嵌まりましたが然程遅くならずに帰ってくることが出来ました。

【D7000】

Dsc_0441 Dsc_0444
Dsc_0445 Dsc_0447
Dsc_0450 Dsc_0461
Dsc_0473 Dsc_0485
Dsc_0492 Dsc_0495
Dsc_0498 Dsc_0561
Dsc_0506 Dsc_0527
Dsc_0530 Dsc_0546
Dsc_0552 Dsc_0553
Dsc_0555 Dsc_0564
Dsc_0580 Dsc_0594
Dsc_0601 Dsc_0612
Dsc_0607 Dsc_0610
Dsc_0626 Dsc_0633
Dsc_0634 Dsc_0677
Dsc_0663 Dsc_0772
Dsc_0735 Dsc_0817
Dsc_0778 Dsc_0783
Dsc_0790 Dsc_0827
Dsc_0838 Dsc_0883
Dsc_0860 Dsc_0896

【S8200】

Dscn0243 Dscn0250
Dscn0255 Dscn0267
Dscn0274 Dscn0280
Dscn0284 Dscn0299

|

« 高野山 ~1日目~  | トップページ | 仏蘭西  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/59939531

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山 ~2日目~ :

« 高野山 ~1日目~  | トップページ | 仏蘭西  »