« 蜩ノ記 | トップページ | 武庫川河川敷 ~コスモス~  »

2014年10月 4日 (土)

武田尾 足湯 

Dscn0018 

宝塚から生瀬橋を渡り33号線を走り高度を上げていきます。木々の中を走り抜けるいつもながらの気持ち良い大好きなルートです。切畑会館手前の交差点を33号線に沿って左折。このルートも走り易くはなりますが味気なくなっていきます。高速道路用の鉄筋剥き出しの橋脚がズラリと並んでいました。

以前の川沿いの風情ある道を思い出しながら走っているとあっという間に武田尾に到着です。いつもは武田尾駅手前の赤い橋を渡っていくのですが今日はそのまま真っ直ぐに進んできます。駅の前も素通りすると真っ暗なトンネルが待ち構えています。ゆっくりと吸い込まれる様に入っていきます。

トンネルと出ると前述の橋とは別の赤い橋がお出迎え。ここは橋を渡らずに武庫川に沿って上っていくと足湯(上掲写真)が現れます。

僕が到着した時には誰も居ませんでした。少し温(ぬる)いお湯に足を浸けて瀬音と鳥や虫たちのアンサンブルに耳を傾けます。贅沢な時間がゆるりと過ぎていきます

暫くするとハイカーの親子連れやご夫婦らが来られたので足湯にサヨナラして目の前を流れる武庫川の河川敷へと下りていきます。川向うには歴史を感じる旅館の建物が並んでいます。背を振り返ると紅葉館別庭あざれの離れの灯が緑の中に浮かんでいます。

帰り道、往きに見かけた地元農家が営む道沿いの直売所に立寄ります。美味しそうな栗を買い込みました。帰ってから茹でて半分にしてスプーンで穿り返します。残念ながら顔は良かったのですが虫食いが多く、味も今一つでありました。

Dscn0013 Dscn0021
Dscn0031 Dscn0035
Dscn0053 Dscn0064
Dscn0074 Dscn0078

|

« 蜩ノ記 | トップページ | 武庫川河川敷 ~コスモス~  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/60421377

この記事へのトラックバック一覧です: 武田尾 足湯 :

« 蜩ノ記 | トップページ | 武庫川河川敷 ~コスモス~  »