« 夢か・・・  | トップページ | 武田尾 足湯  »

2014年10月 2日 (木)

蜩ノ記

Dscn0184

封切り2日前の今日、『蜩(ひぐらし)ノ記』特別試写会に行ってきました。サプライズゲストととして黒沢組のひとり小泉堯史(たかし)監督とW主演のひとり岡田准一さんの舞台挨拶がありました。

http://higurashinoki.jp/

岡田さんの名前が呼ばれるやいなや周りの女性陣の嬌声と歓声の凄いこと凄いこと。大阪枚方出身の岡田さんは男から見てもそれはそれはカッコいい。でもひらパー兄さんとしてのお茶目な一面も持ち合わせています。

http://www.hirakatapark.co.jp/hirapar_niisan/

何かエピソードをと司会の方から振られると岡田さんは堀北真希さんのことを話してくれました。堀北さんが映画デビューした1作目(当時14歳位)で共演したという岡田さん。大人になった堀北さんと久し振りの会うこととなり、嫌われたくない思いから何か話さねばと本を読んでいる彼女に「何を読んでいるの?」と聞くと「秘密です」と最後まで教えて貰えなかったとの由。この堀北ワールド、いつもながらなかなか素敵です。

舞台あいさつが終わると一般上映館と違い他の映画宣伝が延々と流れることも無く映画が始まります。

映画ならではの画面割を十分に堪能します。作品の中でこころに残った言葉があります。

それは『えにし(縁)』

役所広司演じる主人公戸田秋谷が自分の命と引き換えに守った女性が大切にしていた想い。

『この世に生を享ける人は数え切れぬほどおりますが、すべての人が縁(えにし)によって結ばれている訳ではございませぬ。縁で結ばれるとは、生きていく上の支えになるということかと思います。例えば、美しい景色を目にしたとき、自らと縁のある人もこの景色を眺めているのではないか、と思うだけで心が和む。生きていく支えとは、そのようなもの。』

この女性は秋谷の妻ではありません。人を好きになることはいつの時代も難しい。死ぬるときはそんな縁(えにし)ある人を想い静かに微笑んで逝きたい。

映画が終わった後、小泉監督と握手。分厚い手が印象的でした。映画の歴史がそこにはギュッと詰まっていました。

|

« 夢か・・・  | トップページ | 武田尾 足湯  »

コメント

初投稿で失礼します。 
私も関西に住んでいるので気になってコメント
させて頂きました。どちらの会場でしたか?

投稿: えり | 2014年10月 5日 (日) 19時06分

えりさん

こんにちは。
本町は御堂筋沿いにある御堂会館でした。

映画館ではないので椅子が一寸固いのと
前の人の頭が少し気になりましたが
映画が進むにつれて段々とドラマの中に
入っていく自分が居りました。

それにしても岡田君人気の凄さには
びっくりでした。

投稿: tetsu | 2014年10月 5日 (日) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/60411649

この記事へのトラックバック一覧です: 蜩ノ記:

« 夢か・・・  | トップページ | 武田尾 足湯  »