« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

有馬温泉 

Dscf0040

この日の有馬は吹雪いては止み吹雪いては止みのとても寒い一日でありました。街中の散策を早々に切り上げて宿に戻りましたがチェックインまでには半時間ほど早くロビーで時間を過ごすことになりました。

チェックイン後すぐ、夕食前、夕食後、就寝前、朝一番、朝食後、チェックアウト前の計7回、金泉の中の人になりました。温泉三昧の旅。

仕上げは勿論コーヒー牛乳です。腰に手を当てて正しい作法に則り飲み干します。としたかったのですが一寸恥ずかしかったのでベンチに座って静かに一気飲みします。

Dscf0019 Dscf0030
Dscf0108 Dscf0112
Dscf0048 Dscf0130
Dscf0134 Dscf0150
Dscf0152 Dscf0153
Dscf0184 Dscf0200
Dscf0231 Dscf0311
Dscf0312 Dscf0416
Dscf0445 Dscf0451
Dscn0076 Dscn0099
Dscn0105 Dscn0115
Dscn0123 Dscn0143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

朝日の輝き 

Dscn0030 

朝日が黄金色に輝きます。神々しいまでのその光は高速道路が通る高架の側壁を照らしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

お汁粉 

Dsc_0155 

10時間の海あり山ありの至福のライディング。心地よい疲れが身体に纏わりつきます。DSCは今日も僕を夢の世界へと誘(いざな)ってくれました。

ほっこりした善哉が心底から冷え切った身体をお腹の中から温めてくれました

善哉がサンスクリット語に由来するとか、お汁粉と善哉の違いとか、ググると色々なことが分かりますがそんなことを知らなくても美味しいものは美味しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白崎海岸 ~水仙~ 

Dsc_0113

http://shirasaki.pya.jp/?topics=%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%92%E5%9B%9E%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%9B%E3%82%93%E7%A5%AD%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

『すいせん祭』がドンピシャの本日行われているらしい。

「白崎青少年の家」の周辺がその会場です。入口近くの水仙畑はポチポチの咲き具合で全く画になりません。きっと坂の上の本会場は綺麗なのだろうとDSCと駆け上がっていきます。途中で駐車待ちの車の列が続いています。バイクの僕は申し訳ありませんがその横を通り抜けて先に臨時駐輪場に置かせて貰います。

水仙はポチポチとは咲いていますが『絶景かな』の光景の一部となる花の群生はどこにも見当たりません。車の誘導をされていたおじさんにどの辺がお勧めか尋ねますが「人それぞれだから」と要領を得ない説明しかしてくれません。

南紀最大の野生すいせん群生地と看板を上げていますがこれでは羊頭狗肉状態です。しばらくは山の斜面に咲いた水仙を横から撮ることで密度を上げたり、ひとりひとりの花と向き合ってマクロレンズで一緒に遊んだりします。

このままがっかり度満点のまま帰るのも癪なので駐車場をくるりと廻ることにしました。バイクを置いた丁度反対側に展望台と遠見番所跡の看板を見付けます。展望台からは先ほど立寄った白崎海岸を俯瞰するように観ることが出来ます。また番所跡には野生水仙群生地と青い杭がその存在をPRしています。圧倒的なボリューム感には程遠いですがちょっとだけ得点アップとなりました。

帰り道、湯浅方面へと海岸線沿いを走っていくつもりでDSCのアクセルに力を入れようとすると車が数台道端に止まっています。絶好の被写体があることが伝わってきます。海に落ち込む斜面に沿って水仙が咲いています。ここでもポツポツ感は拭えませんが海とのコントラストは見事です。でも車道から海面までの長く続く階段と、革ジャケを着込んで帰るモードになった居た僕にはお腰に着けたコンデジを取り出し上から写真を数枚撮るのがやっとでした。

DSCは全くもって絶好調です。ETCカードの期限切れもあって今日は全て下道でありました。下道は楽しいけれどドキューンと移動することの快適さも知っています。その時々の最適を模索しながら素敵な旅を続けていきます。

Dscn0014 Dscn0037
Dsc_0123 Dsc_0125
Dsc_0008 Dsc_0022
Dsc_0028 Dsc_0032
Dsc_0049 Dsc_0053
Dsc_0055 Dsc_0021
Dsc_0076 Dsc_0052
Dsc_0093 Dsc_0061
Dsc_0105 Dsc_0118
Dsc_0128 Dsc_0154
Dsc_0155_2 Dsc_0127
Dsc_0167 Dsc_0180
Dsc_0213 Dsc_0150
Dscn0057 Dscn0058
Dscn0071 Dscn0075
Dscn0091 Dscn0099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

全国 大陶器市 ~西宮神社~ 

Dscn0005

陶器には殆ど縁がない僕ですが、そんな僕でも「あっ、いいなっ」とか「綺麗だな~」とかそんな風に感じる品もありました。

でも作品の撮影はNG。売り物ですから仕方ありません。

【朝日新聞デジタルより】

西宮市社家町の西宮神社で24日、有名産地の陶器を販売する「全国大陶器市」が始まった。2月8日まで。

窯元や卸業者でつくる「全国大陶器市振興会」が主催。同会は全国20カ所を1年かけて巡り、陶器市を開いている。西宮神社では今年で13回目。

今回は有田焼や信楽焼などを扱う12業者が境内のテントで茶わんや湯飲み、皿など計約20万点を販売。店で買うより2~5割は安いという。

Dscn0023 Dscn0033
Dscn0050 Dscn0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石 魚の棚 ~たこ磯~

Dscf0023 

魚の棚にいくつもある『玉子焼』屋さん。その中でも断トツの人気があるのがここ『たこ磯』さんです。以前来たときは行列が出来ていて並ぶのが嫌いな僕は他のお店に行ったのですが、やはり多くの人に愛されるお店の味には興味があります。

http://www.uonotana.or.jp/index.html

本日魚の棚に到着したのが11時20分。この時間でも小さな店内は7割方席が埋まっていましたがすぐに席に着くことが出来ました。でも玉子焼きの出来上がりを待っている間に満席となり、食べ終わる頃には既に店の外に行列が出来ていました。何とも満点のタイミングでありました。

大場久美子さんのサインの前で食べたフワトロの優しいお味は期待通り、とても美味しく戴きました。

満艦飾の商店街は見ているだけで楽しくなってきます。やはり商店街は元気が一番です。

Dscf0016 Dscf0065
Dscf0031 Dscf0050
Dscf0083 Dscf0097
Dscf0100 Dscf0123
Dscf0132 Dscf0135
Dscf0160 Dscf0167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

いつか行きたい場所 ~軍艦島~

Dscn0006

海外ならウユニ塩湖、国内なら屋久島と軍艦島に行きたい。そんな僕に軍艦島のお土産話はパブロフの犬の様に涎が出そうになります。

http://www.gunkan-jima.net/

Dscn0004 Dscn0003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

北摂ツーリング 

Dscn0079_2
 

天気予報は晴れ。カムバックしたDSCを寒風の中ですが青空の広がる世界へ連れて行ってあげようと計画しました。9号線を利用した大回り左コースを只管(ひたすら)走る至極の『乗りっぱ周遊ツーリング』です。足元は歩くと右足首に少し痛みを覚えるホンダさんから頂いた真っ赤なライディングシューズ。歩かずに乗ることが主体の時に履くようにしています。

【本日のコース】 171→13→川西能勢口→173→能勢街道→天王峠→綾部街道→(以下予定)道の駅瑞穂の里さらびき→9→山陰道→97→草山温泉→黒豆の館→176→(以下実際ルート)372→デカンショ街道→波賀野→176→四ツ辻→三田→名塩→宝塚

予定のコースでは茶褐色のしょっぱい温泉がある草山温泉に立寄るべくルートを組み込んでいました。泊りでも行ってみたいと考えていた温泉地のひとつです。

ところが池田から能勢へと高度を上げていくにつれ寒さがグッと増してきます。手袋の中の指先が痺れてきます。道の両端には雪が積もっています。ちょっと拙い状況です。そのうちにペースト状になった雪が道の真ん中にも現れスピードを出すことを躊躇わせます。

折角大修理と共に磨き上がられたDSCが雪と泥で汚れていきますが気にしている余裕も段々と無くなっていきます。途中からは安全に帰ることだけを最優先にどのようにルート設計するかで頭がいっぱいに。

来た道を折り返すことが一番賢い選択肢であることは分かっているのですがそれでは悲し過ぎます。そこでショートカットとはなりますが篠山経由の雪が無いと思われる主要国道を通る王道ルートで帰ることにしました。

篠山付近では雪は全くなく青空が気持ち良く広がっていました。あの時感じた恐怖は何だったのでしょうか。

Dscn0067 Dscn0070 
Dscn0086 Dscn0092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

mt MARCHE 

Dsc_2138

『mt』がmasking tapeの略だと分かったのは看板を見てからの事でした。

http://www.masking-tape.jp/event/marche/2015/umeda_hankyu.php

沢山の人が、しかも女性達だけが行列を成して並んでいます。30分の待ち時間の看板もあります。最初、アートアクアリウム展の行列と勘違いしてしまいました。

今マスキングテープはブームなのでしょうか。2013年11月に倉敷に行ったとき、mt屋さんで紙袋にテープを貼った経験のある僕です。

http://goodrider-bike.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-f3ad.html

謂わばmtの先駆者なのですがこの人気には気付きませんでした。会場にあった大きな机の上ではたくさんの女の子たちが懸命にmt作業をされていました。

Dsc_0001 Dsc_0009
Dsc_2130 Dsc_2132
Dsc_2133 Dsc_2140
Dsc_2153 Dsc_2156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイトアクアリウム ~ DJ maho ~ 

Dsc_2159

期間中の金、土曜日には20時からDJの方々によりアクアリウムが彩られます

http://h-i-d.co.jp/art/wholecountry/

この日のDJは『maho』さん。目が素敵なクールな美人です。音楽には疎い僕ですが彼女の創る音は心地良く身体を震わせてくれました。

AF補助光は先ほど復活させています。でもこの暗さでは補助光があってもAFが迷います。そこでマニュアルモードにしますが目にピントを合わすのは至難の業。視力の落ちる右目に鞭打ちピント範囲を細かくずらしていきます(勿論ISOは常用最高感度に設定)。

いつの間にか金魚のことを忘れて夢中にシャッターを押していました。

Dsc_0334 Dsc_0720
Dsc_0724 Dsc_0765
Dsc_0804 Dsc_0817
Dsc_0818 Dsc_0886
Dsc_0899 Dsc_0990
Dsc_0997 Dsc_1012
Dsc_1052 Dsc_1058
Dsc_1062 Dsc_1081
Dsc_1113 Dsc_1173
Dsc_1176 Dsc_1177_2
Dsc_1206 Dsc_1249
Dsc_1258 Dsc_1374
Dsc_1488 Dsc_1521
Dsc_1559 Dsc_1595
Dsc_1602 Dsc_1615
Dsc_1641 Dsc_1728
Dsc_1780 Dsc_1861
Dsc_1874 Dsc_1877
Dsc_1944 Dsc_1957
Dsc_2002 Dsc_2016
Dsc_2017 Dsc_2029
Dsc_2052 Dsc_2095
Dsc_2157 Dsc_2111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートアクアリウム 

Dsc_0532

阪急うめだホール(阪急うめだ本店9階)で開催中(2015年1月9日(金)~3月2日(月))の『アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~』へ行ってきました。

http://h-i-d.co.jp/art/wholecountry/

金魚イベントは昨年二条城で開催された『アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~』に続く2度目の参加となりました。

http://goodrider-bike.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-1c52-1.html

規模的には京都と比べて小規模ですので混雑度が気になりましたがこの日待ち時間もなくチケット購入もすぐに出来ました。会場内も適度に混雑してはいますが作品はゆっくりと鑑賞することが出来ました。

会場内は三脚、一脚、ストロボ発光は禁止です。写真を撮っていると警備の方から注意を受けました。ストロボは勿論焚いていませんがカメラから出る光が気になられたようです。これはAF補助光ですが京都の会場では問題ありませんでした。ただ屋内ゆえの判断かも、と思い指示に従います。

会場内を歩いていると暫くしてから再び先程の警備の方が今度は責任者の方と一緒に声を掛けて来られました。あれれっ?僕はブラックリストに載ってしまったのかな。ところが警備の方は自分の判断が間違っていたかもしれないとしてその確認の為責任者を連れて来られたようです。結果、僕は無罪放免となりました。警備の方は謝られたのですが中々そこまでキチンと対応することは難しいのに偉いなと思いました。

その後は気持ち良く金魚たちを撮らせて貰いました。

Dsc_0010 Dsc_0013
Dsc_0014 Dsc_0019
Dsc_0027 Dsc_0101
Dsc_0113 Dsc_0148
Dsc_0150 Dsc_0175
Dsc_0633 Dsc_0216
Dsc_0234 Dsc_0279
Dsc_0311 Dsc_0367
Dsc_0374 Dsc_0446
Dsc_0462 Dsc_0570
Dsc_0586 Dsc_2115
Dsc_2126 Dsc_2127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越木岩神社 

Dscf0090 

『森の中の展覧会』

大震災の被災者に子供たちが描く絵や作品で少しでも心を癒して貰おうと始まった展覧会も今年で17回目となるそうです。

http://www.sankei.com/region/print/141229/rgn1412290025-c.html

画用紙からはみ出さんばかりに自由奔放に描かれた羊やダルマたちはどれも皆素敵でした。

越木岩神社社叢は兵庫県指定天然記念物となっています。その小さな森の中にいるだけでホッとする自分が居ます。

Dscf0045 Dscf0043
Dscf0048 Dscf0051
Dscf0055 Dscf0069
Dscf0071 Dscf0074
Dscf0082 Dscf0099
Dscf0106 Dscf0115
Dscf0089 Dscf0168
Dscf0112 Dscf0111
Dscf0122 Dscf0123
Dscf0130 Dscf0148
Dscf0175 Dscf0184

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神淡路大震災 ~西宮震災記念碑公園~

Dscf0017 

ニセコ池に隣接して『西宮震災記念碑公園』があります。大震災から20年、慰霊碑に手を合わせに行ってきました

入口の記帳所で署名した後、西宮市が用意してくれた白のカーネーションを頂き献花します。

帰り際、もう一度慰霊碑を振り返るとひとりの男の方がポケットからハンカチを取り出し慰霊碑に刻まれた名前を何度も何度もなぞっていました

その姿を見た瞬間、目の奥が太陽に焼かれる様に熱くなりました。

生かされることの辛さと生きることの大切さを慰霊碑に刻まれた人達が語らずして教えてくれます。

合掌。。。

Dscf0024 Dscf0006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

ハードボイルド 

Dscn0070 

神戸旧居留地の洋館ある街はいつもは可愛いTODAYをハードボイルドに演出してくれます。昼間は多くの人が歩いていたであろうその道も夜は人通りも絶え、ライトに浮かび上がる洋館の陰影の強さがその存在感を一層引き立てています。

TODAYのブルーが壁に反射した光で輝いています。いつもは青春色のブルーも暗闇に溶け込んで渋い雰囲気を醸し出しています。

Dscn0097 Dscn0059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈あい 

Dsc_0562 

二組のコーラスグループが舞台でのショーを終えるとおひとりですが存在感のある女性が、しかも抜群の声量ある歌声で登場されました。元宝塚歌劇団星組娘役の『神奈あい』さんです。

僕は残念ながら初めて知るお名前でしたが地元に縁ある方で、先程まで舞台で歌われていた方々が黄色い声を出されて応援されていました。

最後に歌われた『愛の賛歌』は圧巻でした。やはりプロは異次元で違います。

Dsc_0288 Dsc_0236
Dsc_0308 Dsc_0326
Dsc_0362 Dsc_0393
Dsc_0407 Dsc_0421
Dsc_0435 Dsc_0438
Dsc_0454 Dsc_0477
Dsc_0497 Dsc_0500
Dsc_0502 Dsc_0574
Dsc_0631 Dsc_0650
Dsc_0098 Dsc_0107

| | コメント (6) | トラックバック (0)

三ツ星ベルト 

Dsc_0037 

『長田のシンボル、あの広告塔は残っている!長田のまちを助けに行こう!』

新聞広告で阪神淡路大震災20年を迎えて広告塔のライトアップが行われることを知りました。上掲写真は本日の炊き出しと広告塔の光景です。

HPでは分かりませんでしたがライトアップは17日まで行われるとアナウンスがありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00000129-mai-soci

20年前、焼け野原になった街に奇跡的に崩壊を免れた広告塔。その姿にたくさんの人達が心を支えられたと思います。

今宵、多くの社員の方達が地元の方々を丁寧にもてなしていたのが印象的でした。

Dsc_0077 Dsc_0117Dsc_0007 Dsc_0058
Dsc_0091 Dsc_0126Dscn0019 Dscn0109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

成人の日

Dsc_1652

ご成人おめでとうございます。

静かな境内でそっと手を合わせるお二人はとても綺麗でした。

一期一会。よき人生を歩まれんことを願います。

**********************

池田城跡で成人式を終えたご家族連れにお会いしました。

木橋の上で写真を撮られていたのでシャッターを押させて頂きました。着物姿の20歳の彼女が『うれしい・・・』と言ってくれます。こちらも何か嬉しくなってしまいました。

西宮への帰り道、伊丹は旧昆陽村の西方にある西天神社へ立寄りました。参道の前方には着物姿のお嬢さんがお二人。

彼女たちにも今日の素敵を残してあげたいと思いました。最初は彼女たちが持つスマホで撮ります。僕にとっては難しいスマホの操作ですが何とかクリア。その後お節介にも僕の一眼で撮らせて貰いました。気に入って頂ければうれしいな。。

Dscn0026 Dsc_1753
Dsc_1755 Dsc_1756
Dsc_1763 Dsc_1764

| | コメント (4) | トラックバック (0)

池田城跡公園 

Dsc_1560

そして池田でもう一つ行きたかったのが池田城跡。地図では体育館のすぐ裏手(南側)にあるようですがお城らしき建物は見えません。歩いている方に城の在り処を尋ねるとここからは大分遠くにあるとの由。あれれっ。。 お聞きした人が悪かったようです。

再度、地図を見直して今度は違う方にお聞きするともうすぐそことのアドバイス。どうにか到着することが出来ました。

入口の案内板には『史実には基づかないが城跡の歴史を感じられる憩いの場』とありました。こんな公園が近くに会ったら素敵だろうな、と思える素敵な場所でした。

小高い丘の上に立つお城は急な階段で2階へと上ることが出来ます。足の悪い人には昇降機も用意されている様です。2階から池田市街を眺めるとちょっと城主になった気分です。

Dsc_1531_2 Dsc_1557
Dsc_1567 Dsc_1582
Dsc_1611 Dsc_1642

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市緑化植物園 

Dsc_1520

五月山には動物園の他に植物園もあるようです。案内所の方に場所をお聞きしてTODAYと一緒に向かいました。バイクならあっという間、歩いても10分ほどで行くことが出来ます。僕の他には1組のカップル、1組の家族、そして温室のベンチに居たおじいさんの計5人だけ。温室で花巡りをしていた僕はおじいさんが突然に現れた様でびっくりしました。

Dsc_1432 Dsc_1436
Dsc_1437 Dsc_1440
Dsc_1450 Dsc_1459
Dsc_1460 Dsc_1452
Dsc_1454 Dsc_1468
Dsc_1483 Dsc_1490
Dsc_1491 Dsc_1501
Dsc_1503 Dsc_1510
Dsc_1514 Dsc_1515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月山動物園 

Dsc_1150

以前『世界一小さな動物園』とPRしていたと記憶しますが、今は『世界一heart(ハート)のある動物園』とパンフレットには記載されていました。

http://www.satsukiyamazoo.com/

今では貴重な入園無料の動物園です。総合案内所で動物園のパンフレットも貰えますがパンフレットが無くても迷子になることはありません。

いつも園舎に入っていて観る事が出来なかったウォンバットですが丁度餌の時間だったようで少しの間だけその愛らしい姿を見せてくれました。ただ僕と金網とウォンバットの距離関係から金網が消せなかったのが一寸悔しい・・・

ロッキー(2004年4月生まれ、シェットランドポニー、オス)はリッチ(1996年5月生まれ、同、メス)が大好き。でもリッチはとてもつれないのです。それでもめげないロッキー。でも最後には尻尾で追い払われる可哀そうなロッキーでした。ロッキー、生卵を10個飲んで頑張れ(ロッキー違いでした)。

Dscn0012 Dsc_1217
Dsc_1188 Dsc_1227
Dsc_1120 Dsc_1237
Dsc_1254 Dsc_1270
Dsc_1298 Dsc_1299
Dsc_1314 Dsc_1350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

DSC 復活 

Dscn0067

去年(2014年)12月6日に入院したDSC。

http://goodrider-bike.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-c49c.html

http://goodrider-bike.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-0d88.html

昨日H工場長から修理が完了したとのご連絡を頂戴しました。そこで本日早速、DSCをお迎えに行ってきました。そして無事退院となりました

クラッチレバーやシーソーペダルなどの細部に渉る調整までも気にして下さいます。ピカピカの凛々しい姿は新車を彷彿させてくれました。

ショップから一寸走っただけでDSCと僕の身体がピタッとひとつになることが分かります。その走りは以前よりもシルキーになったように感じます。ワイルドではありませんがエレガントな走りは僕のお気に入りです。

今日はそんな相棒と雪を戴いた比叡山系をバックに菜の花が満開と云う琵琶湖東岸のなぎさ公園へ行こうと考えていました。その後、時間が許せばDSCと同じく新生された平等院へと。

しかし空を仰ぐと今にも泣き出しそうな天気です。菜の花とは心の中で逢うことにしてここは大人しく帰路に着くことにしました。

ところが西宮に近付くにつれて青空が見え隠れするようになりました。う~ん、このまま家に戻るのは身体に悪そうです。すぐに海の見える神戸へと目的地を変更します。

メリケン波止場に近付くと大勢の人が繰り出していました。尋常ではない人の多さに驚いていると『神戸消防出初式』が行われていたようです。ドンピシャの時間帯でなく終了後に到着した僕はちょっと複雑な感じでした。

でもDSCと海を撮るには幸いでした。人がたくさん居る中へはDSCと一緒に入っていくことが出来ません。DSCをモデルに暫しの撮影会。近くをジョギングする人、犬の散歩をする人に混じってバイクの写真を撮る人に専念します。

こんな天気なら琵琶湖に行けたかも、と少し後ろ髪を引っ張られながら家路に着きます。ところが15時を過ぎた頃から雨が降り出しました。これできっちり諦めがつきます。

大好きな相棒よ、素敵な日に素敵な場所へ素敵なツーリングにまた行こうね~

P1050031 P1050032
Dscn0004 Dscn0022
Dscn0029 Dscn0038
Dscn0060 Dscn0042
Dscn0073 Dscn0082
Dscn0085 Dscn0090
Dscn0099 Dscn0114
Dscn0117 Dscn0122

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

午前四時

Dscn0141 

午前四時から始まる『十日えびす大祭』。カレンダーの並びも3連休初日の土曜日と勤め人でもばっちりのど真ん中ストライク。

神職が居籠りし早暁四時の大祭に備えます。この暁前に行なわれるのは古代の日本の祭典の形を伝えるものだと云います。厳寒の暗闇の中、幻想的に浮かび上がる神職たちの凛とした姿を撮りたくて目覚ましを3時にセットしました。

この日は午前六時から開門神事(かいもんしんじ)も行われ、福男が選ばれます。極寒の中の長丁場の撮影に備え枕元には重ね着とホッカイロを用意しておきました。

Dscn0075 Dscn0077
Dscn0079 Dscn0090
Dscn0093 Dscn0099
Dscn0109 Dscn0119
Dscn0129 Dscn0130
Dscn0132 Dscn0133
Dscn0139 Dscn0143
Dscn0150 Dscn0151

ところが目が覚めたのは5時50分。なんとしっかりと目覚ましはスイッチが切られていました。犯人は僕以外にいません。なんたるチア。開門神事にも間に合いません。ボロボロです。

午前中は打ちのめされたボクサーの様に布団の中に。。昼前にやっと布団から出て正月飾りを納めに広田神社に向かいました。戎さんは交通規制もやっていて大混雑していると考えたからです。予想通り広田神社は静かな空間が広がっていました。コバノミツバツツジの群生も今は小さい小さい芽を付けているだけです。中には春を待ちきれずに花を咲かせている娘もおりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

君だけ 

Dscf0990


言葉を削ぎ落していく 

君に伝えたい言葉だけを残して・・・

                        Yes-No 

今なんていったの 他のこと考えて
君のことぼんやり見てた

好きなひとはいるの こたえたくないなら
聞こえない ふりをすればいい
言葉がもどかしくて うまくいえないけれど
君のことばかり 気になる
君を抱いていいの 心は今 何処にあるの
君を抱いていいの 好きになってもいいの
さよなら
愛は哀しいね 
僕が照れるから 誰も見ていない道を
寄り沿い歩ける寒い日が君は好きだった

さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬
愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中森明菜

Dscn0021

歌姫『中森明菜』

長い間、ファンの前から姿を消していましたが2014年の大晦日、紅白歌合戦にアメリカのレコーディングスタジオから生放送で出演を果たしました。その軌跡を追った番組が放送されました。(写真は本日放映の同番組より) 

『中森明菜』という歌手を自分自身がプロデュースする、しかもそれは十代の時からと云います。

番組を見ていて今の彼女にちょっと違和感を感じたのは僕だけだったのでしょうか。彼女も年を取って少し頑固になってきたようです。素の自分と演技している自分との境界線が意識のレベルに関係なく同居している不思議を感じます。

まだ少しココロの方が心配です。再出発はもっともっと肩の力を抜いて健康で柔軟なココロを取り戻してからでも遅くはないのにと勝手な心配をしてしまいました。

Dscn0025 Dscn0039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

ウユニ塩湖

Dscn0011

ボリビアの標高3,700mの地にウユニ塩湖があります。雨季(12月から3月)には湖底が水で覆われ空が映り込む幻想的な光景『天空の鏡』が、乾季(4月から11月)には海の水が干しあがり塩の結晶が見られます。

ペルーの世界遺産『マチュピチュ』とともにセットで廻れるコースが大手旅行会社(僕が手にしたのはJTB「LOOK」パンフ)でも提供される様になりました。

日本大好きの僕ですがランクルが活躍する彼の地の光景はこの目で見てみたい、この足で立ってみたい。そんなことを思い出す様に時折ぼんやりと考えるのです。

でも行くなら絶対雨季だなぁ。。

(写真は本日のTV放映番組より)

Dscn0003 Dscn0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

北山緑化植物園 

Dscn0132 

代車シグナスで六甲山を横断して有馬に立寄るプランを描いて出発しました。京都の雪景色が脳裏を過ります。西宮は大丈夫でしたが六甲山入口に近付くにつれ道路周りに雪が残っていることに気付きました。山頂付近は雲が覆っています。雪が残っていることも想定しておかなければなりません。ここは安全第一、素直に戻ることに決定。途中、北山緑化植物園に寄り道してきました。

冬の植物園はモノトーンの世界です。そんな中で僕を釘付けにしたのがこの葉っぱでした。まるでその中に宇宙が広がっている様に強く印象に残りました。

入り口付近でハイキング仲間が賑やかに休憩していました。ただそれ以外に人は殆ど居ませんでした。お馴染みのロウバイがもう少しだけ咲いていて僕を喜ばせてくれました

Dscn0035 Dscn0036
Dscn0052 Dscn0066
Dscn0092 Dscn0095
Dscn0102 Dscn0103
Dscn0113 Dscn0115
Dscn0122 Dscn0138
Dscn0155 Dscn0162
Dscn0166 Dscn0173
Dscn0176 Dscn0179
Dscn0186 Dscn0190
Dscn0198 Dscn0212
Dscn0215 Dscn0231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

京都 ~嵐山~ 

Dscf0803

朝、障子を開けると目の前に白銀の世界が広がっていました。宿で朝食をとり終えるや否やカメラを持って外へと飛び出しました。白い世界はとても素敵です。木の枝に積もる雪をみていたら中島美嘉さんの『雪の華』を思い出しました。

宿に戻り大風呂に入ると冷えた身体がジーンと痺れます。そして段々と細胞が解けていきます。幸せの瞬間です。

お土産屋さんを覗きながら桂川(保津川)の船乗り場へと向かいます。前回は大雨の増水で舟が出せずキャンセルとなっていたのでそのリベンジでもあります。雪で心配でしたが朝の電話で大丈夫なことは確認済みです。

屋形船は船頭さんの操る竿によってゆっくりと上流へと進んでいきます

http://arashiyama-yakatabune.com/

冬の寒い間は屋形船の中はストーブが焚かれ暖かいのですが、外の景色を撮りたくてついつい硝子戸を開けてしまうので中は外気温と同じになっていました。それでも熱くなった湯豆腐が身体を中から温めてくれました。船頭さんから人気豆腐店『森嘉』の豆腐と教えて貰いました。

http://www.sagatofu-morika.co.jp/

(以下「京都新聞」web版より)

京都市大雪21センチ 観測史上4番目

 京都市内は1日に続き、2日夜も大雪に見舞われた。京都地方気象台によると、3日午前0時現在、積雪が21センチを記録し、61年ぶりに20センチを超え、観測史上4番目の記録になった。

 同気象台によると、京都市中京区の観測地点では、1954年1月26日に41センチ、36年2月5日に32センチ、16年に22センチの記録が残る。

 京都市内では1日午後から激しい降雪があり、各地で高速道路や一般道、鉄道が混乱。2日の日中はいったんおさまったが、夜に入って再び激しく降り始め、通行止めやスリップ事故が相次いだ。

Dscf0742 Dscf0743
Dscf0745 Dscf0750
Dscf0775 Dscf0788
Dscf0800 Dscf0787
Dscf0804 Dscf0818
Dscf0863 Dscf0924
Dscf0967 Dscf1034
Dscf1047 Dscf1102
Dscf1112 Dscf1136
Dscf1141 Dscf1162
Dscf1181 Dscf1245
Dscf1248 Dscf1254
Dscf1304 Dscf1311
Dscf1334 Dscf1342
Dscf1402 Dscf1413
Dscf1484 Dscf1510
Dscf1525 Dscf1553

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

京都 ~知恩院~


Dscf0405
 

知恩院さんへお参りに京都へと行ってきました。阪急で河原町へ向かう途中、桂川付近では白銀の世界が広がっていました。西宮は雪の気配はあったものの薄化粧程度だったのでちょっとびっくりです。

河原町駅を髙島屋口から出るとバスが雪を屋根に乗せて走っています。四条大橋から見える南座もその屋根を白くしています。

今日はお参り前に腹ごしらえから。知恩院新門近くの『祇園 ゆやま』さんに伺います。

http://gion-yuyama.jp/

無形文化遺産に登録された『和食』。カウンター8席と個室1室の小さいなお店です。しかし和食の真髄を知る様な舞台、そして料理の美しさと美味しさがそこにはありました。

知恩院さんは現在、御影堂(大殿)を修理中で仮本堂で手を合わせてきました。今宵の宿は嵐山にあります。阪急で大宮まで行き、嵐電の四条大宮から一本で嵐山まで直行です。2両編成の可愛い電車が嵐山に着くと雪がチラついていました

一旦宿に入ると出るのが億劫になるような天気でしたので夜は軽めに口を賑わすだけのものでいいやとお店を廻りますが適当なものが見つかりません。仕方なく一旦チェックインしてから再び街へと繰り出しました。

Dscf0239 Dscf0251
Dscf0273 Dscf0302
Dscf0306 Dscf0313
Dscf0325 Dscf0329
Dscf0342 Dscf0360
Dscf0378 Dscf0414
Dscf0426 Dscf0462_3
Dscf0471_2 Dscf0488_2
Dscf0502_2 Dscf0519_2
Dscf0528_2 Dscf0536_2
Dscf0540_2 Dscf0553_2
Dscf0572_2 Dscf0589_2
Dscf0621_2 Dscf0629_2
Dscf0631_2 Dscf0638_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年 

Dsc_0419 

あけましておめでとうございます。

2015年元旦。西宮戎神社へ初詣に行ってきました。

http://nishinomiya-ebisu.com/index.html

少し早目の8時過ぎ、阪神西宮駅北側の駐車場はまだ余裕で入場できました。正月料金ですが300円/時間とリーズナブルです。福男が走り抜ける参道も人の波が出来る訳でもなく程よい感じで歩いていけます。

おせちを食べたら眠くなってきました。今年も幸せな時間がたくさんありますように・・・

Dsc_0090 Dsc_0121
Dsc_0190 Dsc_0417
Dsc_0423 Dsc_0518
Dsc_1053 Dsc_1058
Dsc_1072 Dsc_1082

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »