« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

オペラ 『夕鶴』 

Dscn0069 

スルッとKANSAIおでかけ情報誌『Asobon!』のプレゼント企画に当選しオペラ『夕鶴』のチケットを頂戴しました。変わり映えしない日常にアクセントを貰いました。

オペラと僕が似合わないのは重々承知しておりますがだからこそ面白いかも、と。長年関西に住んでいますが吹田(阪急)の駅で降りるのは初めてです。千里中央の様な大きな建物が沢山建っていると思い込んでいましたが市役所が駅前にありその隣に本日の会場である『吹田市文化会館メイシアター』がありました。勝手にイメージしていた雰囲気とは大部違いました。

オペラは苦手の先入観がありましたが演目が知っていた民話であったからか、いつの間にかストーリーに引き込まれている自分が居ました。時折昔の日本語というか方言を歌にしているので分からない言葉がありましたが、字幕が舞台の両隣に映し出されて理解の補助をしてくれました。

人間の強欲と本当の愛を教えてくれる素敵な舞台でした。

舞台が終わるとブラボーとの賞賛の声が上がります。本日のお話が日本の民話であっとこともあり、大きな違和感を感じます。どうもこのブラボーはしっくり来ません。聞いているこちらがなんか照れ恥ずかしい感じになります。そっとココロから拍手を送ります。

Dscn0002 Dscn0004
Dscn0007 Dscn0039
Dscn0050 Dscn0064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル漏れ

Dscn0023

有馬富士公園の駐車場でDSCのオイル漏れを発見。春先に遠征を考えているのでこれはすぐに診て貰わなければなりません。夕方からオペラ公演があるので時間を気にしながらYSPショップへと向かいました。

最短距離をセレクトするため初めてのコースにドキドキしながらもなんとか到着。エンジンそのものからの漏れでないとの診断にホッとします。たくさんの新顔のバイクが店内に並んでいました。どれも皆カッコいいのです。

ヤマハは4輪へも参入することが新聞に載っていました。まだ海外だけでの予定のようですが小粋な4輪を乗り回す日が来るかもしれません。

Dscn0018 Dscn0020Dscn0030_2 Dscn0024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬富士公園

Dscf0113

兵庫県立都市公園のひとつ『有馬富士公園』に行ってきました。相棒はDSC、指先が痺れるように冷え込むのは相変わらずですが身体が芯から冷えることはありませんでした。春が一歩ずつ近付いていることを感じます

有馬富士との名の通り、富士山に似た山を想像しますが近くを通っても多分これかな?と予想するだけで確信出来るほど完璧な山は見当たりません。冒頭写真の山がそうなのですがちょっと微妙な感じと思うのは僕だけでしょうか。

駐車場は車もバイクも全部無料です。広大な敷地はいくつかのエリアに分かれていて老若男女で楽しむことが出来ます。たくさんの鳥たちもいて観察小屋も整備されています。超望遠レンズを装備した旗艦機を持ったカメラマンが多く居ました。

【本日のコース】 第1駐車場→自然学習センター→花の道→花の講堂→野鳥観察シェルター→鳥の講堂→かやぶきのあずまや→水辺の生態園→かやぶき民家→流紋岩の露頭→きのこの宿→木の葉の広場→スカイデッキ→自然学習センター→駐車場

Dscf0008 Dscf0013
Dscf0027 Dscf0037
Dscf0044 Dscf0048
Dscf0065 Dscf0076
Dscf0078 Dscf0105
Dscf0132 Dscf0134
Dscf0137 Dscf0161
Dscf0166 Dscf0170
Dscf0173 Dscf0175
Dscf0178 Dscf0181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

マイフジフイルム 

Dscn0007

富士フイルムのX20。そのレトロな姿は見ているだけで惚れ惚れします。

そのオーナーとなってからマイフジフイルムの会員となりました。

ポイントをコツコツと貯めていましたが先日『富士フイルム検定』というクイズにチャレンジして9,840ポイントをゲット。

従前のポイントと合わせ、もれなくプレゼントという賞品に応募しました。スリックの三脚(8,000P)、ハクバのカメララップ(4,000P)。三脚は先日、カメララップは本日到着しました。富士フイルムさんの太っ腹に感謝。

Dscn0014 Dscn0010
Dscn0008 Dscn0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

新西宮ヨットハーバー 

Dsc_0154

http://sinnisi-yh.co.jp/index.html

かきまつりは不完全燃焼でしたので一寸寄り道をして帰ることにしました。まつり会場から南下すればすぐに新西宮ヨットハーバーに到着です。

海の解放感は格別です。

一眼をぶら下げて長く続く桟橋を端から端まで歩いてきました。

Dsc_0055 Dsc_0072
Dsc_0075 Dsc_0081
Dsc_0094 Dsc_0098
Dsc_0116 Dsc_0122
Dsc_0101 Dsc_0144
Dsc_0129 Dsc_0140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かきまつり in 西宮ボートパーク

Dsc_0042

今日はDSCとデートの筈でしたが天気予報の晴れマークとは程遠い曇り空が天一面を覆っています。そこで急遽予定変更、TODAYと一緒に西宮で美味しい牡蠣を食べることが出来るという『かきまつり』へと行ってきました。

http://www.npo-uwh.jp/about/event%20.kakimatsuri2015.html

殻付き焼きがきの無料提供は10時と13時の2回。その10時に合わせて少し前に到着しますがそこには長蛇の列が出来ていました。

着いた瞬間に食べる人になることは諦め写真撮りに専従することを決意します。無料の効果は抜群です。でも無料の牡蠣と販売の牡蠣の列が入り乱れ並んでいる人も何の列に並んでいるのか分からない状況です。

暫くして無料提供終了の看板を出していましたがお客さんからは「10時に来て終了とはどんなんや」と文句の声が出ていました。

列を観ているだけで草臥れた僕は赤穂のマスコットキャラクター『陣たくん』に少しだけ癒されて帰路に着きました。

Dsc_0007 Dsc_0010
Dsc_0014 Dsc_0018
Dsc_0026 Dsc_0027
Dsc_0033 Dsc_0034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

甲東梅林 

Dscf0285

恥ずかしがり屋の梅たちはまだその姿をみせてくれてはいませんでした。甲東梅林の梅たちはまだ1分咲きにも満たない程です。蕾は膨らませていますがまだ全く咲いていない木々が殆どでした。

梅たちが咲き出すと春はもうすぐ傍です。

Dscf0266 Dscf0317
Dscf0337 Dscf0332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清荒神

Dscf0125

清荒神清澄寺。

荒神影向(こうじんようごう)の榊。御法堂(本社)の裏手では、お賽銭を杖状の棒で引き寄せている人たちが沢山いました。どうやらご利益(りやく)があるようです。

http://www.kiyoshikojin.or.jp/keidai/kojinyogo/

鉄斎美術館の前には素晴らしい紅葉を愛でることの出来る木があったのですが主な枝がすべて剪定されて悲しい姿となっていました。今年の秋が心配です。

龍王滝では不動明王が光を浴びて参拝者の祈りを受け留めていました。

Dscf0195 Dscf0237
Dscf0244 Dscf0206
Dscf0249 Dscf0250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいあいパーク 

Dscf0080 

花と緑の情報発信ステーション『あいあいパーク』。宝塚は山本の一角に英国風の建物がその存在を教えてくれます。たくさんの植物たちが出迎えてくれる素敵な場所です。

http://www.aiaipark.co.jp/outline/

Dscf0033 Dscf0045
Dscf0049 Dscf0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOVE LOVE LOVE 

Dscn0034

https://www.youtube.com/watch?v=1ZnGflfwpSM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

白雪ブルワリービレッジ長寿蔵 

Dscn0088 

『大きいこと言おう。』

酒造メーカーの小西酒造(ブランド名「白雪」)の広告が面白い。

Dscn0099 Dscn0100 

「僕は、コンテンツマーケティングが得意です。」

「モテ期 そろそろ来る気がする。」

「写真 撮るんだったら事務所通してな。」

「定年したらドバイに住もか。」

Dscn0101 Dscn0102 

「いっぺんでいい グラビアアイドルと付き合いたい。」

「あの子と目あった 絶対俺のこと好きや。」

「3億円当たったらどうしよ! どうしようかな」

「島買いてえなぁ、島。」

Dscn0084 Dscn0119 

さて、僕はどんな大きなことを言おうかなぁ。

あっ、伊丹のパスポートを忘れていたことを忘れていました。小ちぇいな自分(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシャインワーフ神戸 

Dscn0036

http://www.sw-kobe.com/

海が見えるこの場所は時折思い出しては来たくなる処です。

雲が天を覆い尽くしていましたが青空が雲間から覗く時間もありました。海がキラキラと輝く瞬間はいつ見てもなんて素敵なんでしょう。

ペットショップが潰れミニ4駆のショップが新しく出来ていました。なんとか活気のある場所として生き残るためのスクラップ&ビルドが進行しています。

Dscn0035 Dscn0044Dscn0046 Dscn0079

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

瓦林城 

Dscn0183

西宮北口から一番近いお城(城址)だと思います。その名は瓦林城。

大阪城、姫路城と続いたのでご近所のお城はどうなっているのかな、と気になってネットで検索して探し出しました。城址と云っても城の名残は全く感じられませんでした。でもその昔にはこの地を治めていた城主が居て威容を誇る建物があったことを想像するだけでゾクゾクしてきます。

駅からはバイクで5分、歩いても10分ほどの場所にこんもりとした小さな森があります。日野神社の境内となったその森には年輪を重ねた大きな木がありました。

その木に身体をくっつけて木の呼吸を感じ取ります。ふかふかした表皮は今にも剥がれそうです。黒く煤で汚れたような箇所もあります。どんな歴史を見つめてきたのでしょうか。

鳥たちがクスノキでしょうか、高い木の天辺で囀(さえず)り仲間たちと遊んでいます。風が木の葉を揺らしています。神聖な空間がそこにはありました。素敵な場所がひとつ増えました。

Dscn0190_2 Dscn0019
Dscn0037 Dscn0039
Dscn0040 Dscn0044
Dscn0051 Dscn0062
Dscn0058 Dscn0068
Dscn0065 Dscn0072
Dscn0085 Dscn0081
Dscn0089 Dscn0104
Dscn0095 Dscn0108
Dscn0074 Dscn0117
Dscn0127 Dscn0132
Dscn0137 Dscn0141
Dscn0144 Dscn0150
Dscn0169 Dscn0172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

寅さん 

Dscn0007 

寅さん、こっぴどくフラれたね。。

一緒に旅に出ようか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路城 

Dscn0173

世界遺産『姫路城』。通称『白鷺城』。5年半に及ぶ平成の大修理を経てその名の如く真白な姿を魅せてくれています

http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

大天守の一般公開は2015年3月27日(金)より始まります。そこからは人混みの嵐となることは間違いありません。その前に優美な姿を一目見ようと左大回り下道半分コースで行ってきました。

【本日のコース】 西宮→宝塚→176→道場東※→17→藤田→372→2→大手前→姫路城 →62→2(姫路バイパス)→明石西→第二神明道路→阪神高速神戸線→西宮IC

真白な城はあと4、5年しか観る事が出来ないと聞きました。段々と黒ずんで落ち着いた感じとなっていくようです。だからこの白の光景は今しか観ることのできない貴重なものなのです。

城の美しさを堪能し何度も振り返りながら城を後にすると城塁の上に真っ黒な衣装に身を包んだ『くノ一』が居るではありませんか。驚いて挨拶すると『くノ一』も手を振って応えてくれました。

Dscn0128 Dscn0140
Dscn0181 Dscn0190
Dscn0217 Dscn0230
Dscn0246 Dscn0249
Dscn0256 Dscn0323
Dscn0269 Dscn0280
Dscn0285 Dscn0286
Dscn0290 Dscn0318
Dscn0353 Dscn0372
Dscn0396 Dscn0410
Dscn0424 Dscn0349
Dscn0438 Dscn0465

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

大阪城 

Dsc_0269

大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーション

(大阪観光局×ハウステンボス)

http://www.tenka1hikari.jp/index.html?skip=true

土日は激混みとの噂に金曜日の夕方、少しはマシだろうとの期待を持って大阪城へ行ってきました。平日のレギュラーチケットでも大人1,700円と結構なお値段です。これが土日だと2,100円、特典付のプレミアムチケットは其々3,100円、3,600円と跳ね上がります。

ハウステンボスの長崎イルミは素晴らしいと聞いています。そのハウステンボスが大阪観光局とタッグを組んだ大阪城イルミです。自然と期待が膨らみます。

場内には『大阪城3Dマッピング』、『ジュエルイルミネーションショー』、『マッピングon theピラミッドツリー』、『光のビッグブルー』の4つのエリアが用意されています。前のふたつは上映時間約10分で非連続、後ろふたつは常時点灯のイベントです。

入口から光のトンネルを通り抜けた処には高さ23mのピラミッドが堂々と鎮座し、その横には一面に広がる青い光の海原が広がっています。

その先に大阪城3Dとジュエルイルミを観る事の出来るスペースがあります。プレミアムチケットを持っている人は階段状の特別席が用意されています。レギュラーチケットの人もここで500円出すと椅子が与えられます。最初にジュエルイルミが行われ、その後に大阪城3Dが始まります。激混み時には異なるのかもしれませんが大阪城3Dは会場内の鑑賞エリア外の場所でも素敵に観る事が可能でした。

Dsc_0011 Dsc_0012
Dsc_0020 Dsc_0063
Dsc_0079 Dsc_0084
Dsc_0093 Dsc_0187
Dsc_0256 Dsc_0320
Dsc_0299 Dsc_0300
Dsc_0355 Dsc_0400
Dsc_0503 Dsc_0529
Dsc_0606 Dsc_0669
Dsc_0676 Dsc_0710
Dsc_0784 Dsc_0906
Dsc_0960 Dsc_0974

写真はすべて手持ち撮影です。三脚で撮っている人もいましたが混雑時には使用制限があるようです。ISO6400に設定すれば暗闇に浮かび上がる大阪城をご覧の様に撮ることが出来ます。ただ投影の図柄が変換する合間の暗い時にレリーズを押すとシャッターがゆっくりと落ちて白く飛んだ写真の出来上がりとなります。

Dsc_1021 Dsc_1042
Dsc_1051 Dsc_1056
Dsc_1078 Dsc_1102
Dsc_1116 Dsc_1155
Dsc_1217 Dsc_1237
Dsc_1304 Dsc_1321
Dsc_1413 Dsc_1465
Dsc_1516 Dsc_1640
Dsc_1661 Dsc_1674

最初の上映回はさすがに混雑していることを実感しましたが段々と人は少なくなり3回目では余裕を感じるほどでした。夜は23時までやっています。時間的に余裕がある人は遅い時間帯の方がゆっくりと鑑賞することが出来ると思います。おススメ。

Dsc_1683 Dsc_1689
Dsc_1693 Dsc_1697
Dsc_1698 Dsc_1708
Dsc_1709 Dsc_1715
Dsc_1726 Dsc_1729
Dsc_1736 Dsc_1739
Dsc_1743 Dsc_1797
Dsc_1863 Dsc_1896
Dsc_1972 Dsc_2194
Dsc_2221 Dsc_2236
Dsc_2249 Dsc_2320
Dsc_2327 Dsc_2350
Dsc_2560 Dsc_2573
Dsc_2590 Dsc_2597
Dsc_2609 Dsc_2628
Dsc_2647 Dsc_2700

大阪城もまさか自分がこんなにも色とりどりに装飾されようとは思っていなかったに違いありません。

大阪城3Dマッピングは有料会場に入らずに観る事も可能です。ただ下の写真で分かる様にマッピングは正面の一面だけになされます。そして正面から観たときに一番綺麗な構図となっています。また会場内での音楽は結構大きな音量で会場外でも煩くないのか心配する程でしたが、一歩外に出てしまうとアリの囁きの様にしか聞こえて来ませんでした。綺麗な映像と迫力ある音量を満喫したければやはり入場するしか無いようです。

Dsc_1479 Dsc_2808
Dsc_2852 Dsc_2897
Dsc_2947 Dsc_2968
Dsc_3026 Dsc_3085
Dsc_3173 Dsc_3204
Dsc_3360 Dsc_3462
Dsc_3475 Dsc_3481
Dsc_3491 Dsc_3518
Dsc_3526 Dsc_3540
Dsc_3550 Dsc_3600
Dsc_3743 Dsc_3780
Dsc_3785 Dsc_3802Dsc_3857 Dsc_3858
Dsc_3949 Dsc_4023
Dsc_4060 Dsc_4072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

伊丹郷町共和国 

Dscn0252

伊丹郷町共和国のパスポートを取得しました。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201411/0007499677.shtml

『スタンプを集めて国民章(ピンバッチ)を貰おう』とか『参加するより手伝うべし』とかなんか面白そうです。

阪急とJRの其々の伊丹駅の丁度真ん中あたりがこの面白イベントの開催地となっています。その中でも建物外観の素敵筆頭が『白雪ブルワリービレッジ長寿蔵』です。1階はレストランの様でしたので2階へと階段を上がっていきました。お酒の博物館らしきがそこにはありましたがお客さんはポチポチとしかおらず良い感じなのに一寸勿体ないと思いました。

共和国内には魅力的な食事処がいくつもありました。街の元気がどうやら後押ししている様です。

『アカン、気持ちようなってまた川流れてまうわ。』 

『きゅうりでさっぱり』  カッパさん、ご苦労はん。

Dscn0182 Dscn0196
Dscn0206 Dscn0222
Dscn0230 Dscn0233
Dscn0235 Dscn0236
Dscn0240 Dscn0241
Dscn0245 Dscn0256
Dscn0257 Dscn0248
Dscn0259 Dscn0263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »