« 造幣局 ~桜の通り抜け~  | トップページ | 仁川芝桜  »

2015年4月18日 (土)

ラスト桜 

Dscn0229

【本日のコース】 西宮→宝塚IC→中国自動車道→山崎IC→29→道の駅「播磨いちのみや」→伊和神社→道の駅「はが」→音水渓谷→明神滝→引原ダム→音水(おんずい)湖→29(因幡街道)→48→不動滝→天滝入口→かいこのオブジェ→宝幢寺(天滝望遠鏡)→6→明延鉱山跡→429→神子畑選鉱場跡→神子畑鋳鉄橋→朝来→312→銀の馬車道→8→松か井の水→427→175→17→宅原→176→82→98→有馬→51→船坂→有馬街道→宝塚→西宮

この日の走行距離331km。至福のライド時間11時間32分。

兵庫県下の殆どの桜処が花びらを散らしている中で唯一7分咲きとの情報があったのが「音水湖」でした。他にも満開情報が3ヵ所にありましたがどうも怪しい。そこで音水湖に鉱山巡りプランを加味してルートを組み立てました。

途中、滝情報にも目を凝らしながら新緑の中を走り抜けていきます。音水湖の桜は確かにまだ花びらを散らしてはいませんでしたが本数がとても少なくて圧倒的な満足感は得られませんでした。それでもすれ違うライダーたちの底抜けの明るさに思わず笑顔になったり気持ちはとってもホット&ハッピーです。

明神滝ではすれ違う人も居らず「クマ出没注意!」の看板に怯えていました。不動滝でもこれまた一人ぼっちで滝のイオンを独り占めしていました。

その姿が美しい天滝も観たかったのですが軽登山並みの体力を要するので立寄ることはパスしました。ところがその天滝を観ることが出来ると看板が出ていた宝幢寺に行くと望遠鏡が境内の裏に設置されておりその方向を見やると肉眼でも小さくその姿を観る事ができました。体力と元気の無い人でも天滝を拝むことが出来ます。

Dscn0011 Dscn0028
Dscn0042 Dscn0051
Dscn0057 Dscn0069
Dscn0085 Dscn0094
Dscn0108 Dscn0110
Dscn0115 Dscn0129
Dscn0134 Dscf0024
Dscf0023 Dscf0038
Dscf0030 Dscf0053
Dscn0143 Dscf0060
Dscf0077 Dscf0107
Dscf0109 Dscn0158
Dscn0160 Dscn0165
Dscn0180 Dscn0197

Dscf0114 Dscf0118
Dscf0149 Dscf0188
Dscf0145 Dscn0283
Dscn0289 Dscn0325
Dscn0300 Dscn0301 

車の往来も少ない快適ルートをDSCと一緒に走り抜けていきます。あぁ~気持ち良い。

あけのべ憩いの家で昼食を頂戴します。一円電車に触ったり乗ったりして気分はすっかり小学生です。パンフレットで周辺の見所をチェック。昔ながらの明延の町並みが所々に残っています。青い屋根が特徴の北星地区の長屋には一棟に5家族が入居していました。汚れた窓から中を覗くと当時の懐かしい光景が見えて来そうでした。入口にはまだ表札が残っていて家族全員の名前が書かれていました。ついこの間までここに人々が生活していたことが分かります

病院跡は建物はすっかり無くなっていましたがよく見ると小さなタイルの塊がいくつか落ちていました。このタイルたちもいつかは無くなってしまうのでしょう。存在感あるタバコ屋さんの前でDSCと記念写真を撮りました。

Dscn0338 Dscn0342
Dscn0350 Dscn0367
Dscn0372 Dscn0385
Dscn0394 Dscn0396
Dscn0425 Dscn0421
Dscn0408 Dscn0431

明延鉱山跡は生野銀山跡と異なり全く観光化されていません。4月から10月までの日曜日だけ坑道見学会を開催(大人600円)しているようですが基本事前予約制(大人1,200円)となっています。

でも往時の雰囲気は街の中に居るだけで伝わってきます。

Dscn0453 Dscn0448
Dscn0455 Dscn0456
Dscn0457 Dscn0462
Dscn0465 Dscn0473
Dscn0484 Dscn0503
Dscn0510 Dscn0516
Dscn0519 Dscn0522 

生野銀山の支山として幕府の管理下に置かれていた神子畑(みこばた)鉱山。閉山後は明延鉱山から運び込まれた鉱石を選鉱する施設となりました。その規模は東洋一と云われ不夜城とも云われたそうです。

今は建屋が撤去されてその基礎部分だけが残っています。丸い宇宙船の様な大きなコンクリート建屋はシックナーと呼ばれる濾過装置です。直径が30mもあるそうです。

Dscn0528 Dscn0568
Dscn0533 Dscn0545
Dscn0544 Dscn0548
Dscn0558 Dscn0561
Dscn0563 Dscn0573
Dscn0585 Dscn0591
Dscn0599 Dscn0600


Dscn0615 Dscf0212
Dscf0215 Dscf0232
Dscf0244 Dscf0258
Dscf0259 Dscn0620

|

« 造幣局 ~桜の通り抜け~  | トップページ | 仁川芝桜  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/61459672

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト桜 :

« 造幣局 ~桜の通り抜け~  | トップページ | 仁川芝桜  »