« アンネのバラの教会  | トップページ | 高野山開創1200年  »

2015年5月17日 (日)

高野山への道 

Dscn0021 

【本日のルート】 西宮→43→弁天町→29→310→原町北→170→371→高野街道→橋本→五光の滝→やどり温泉→杖ヶ藪小学校→弘法大師御衣干岩→高野山(高野山内のルートは次項で紹介)→480→370→371→新道→170→310→亀の甲→34→上野芝→大阪臨海線→29→弁天町→43→西宮

370は行かせないぞという行政サイドの強い意志が入り口に溢れる看板たちから伝わってきます。狭く細い道が続く370はすれ違いが難しく大型バスは勿論マイクロバスも通りません。

途中、前回も立寄った『五光の滝』を再訪します。熊出没注意の看板に熊鈴を忘れたことをちょっぴり後悔。

滝の先では休業中だった『やどり温泉いやしの湯』が先月より再開したらしくオープン記念イベント開催の案内が貼られていました。

http://www.chw.jp/tourism/tomaru/1409549896549.html 

道中をゆっくり楽しんでいきます。いつもは素通りしていた脇道に入っていくと『杖ヶ藪小学校』の旧校舎が緑の中に建っていました。廃校となった後は陶芸家の方が工房として使っている様です。

『弘法大師御衣干岩』にも寄り道します。

http://yoshino-ohmine-koya.jp/information/area/koyasan/?pid=233

こんな素敵な370を楽しめるのはライダーの特権と嬉しく思います。高度を上げて行きトンネルを抜けると高野山の町へと入っていきます。

Dscn0005 Dscn0006
Dscn0010 Dscn0031
Dscn0032 Dscn0045
Dscn0037 Dscn0049
Dscn0060 Dscn0066
Dscn0055 Dscn0082
Dscn0077 Dscn0076
Dscn0087 Dscn0088
Dscn0093 Dscn0096
Dscn0104 Dscn0110
Dscn0108 Dscn0109
Dscn0080 Dscn0117

|

« アンネのバラの教会  | トップページ | 高野山開創1200年  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/61603898

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山への道 :

« アンネのバラの教会  | トップページ | 高野山開創1200年  »