« 頼光寺 ーあじさい寺ー | トップページ | 暗峠  »

2015年6月28日 (日)

ぬかた園地 ー大阪府民の森ー 

Dscf0088 

http://osaka-midori.jp/mori/chubu/ajisai.html

頼光寺か、ぬかた園地かと本日の行先を考え抜いた末に頼光寺へ行きましたが、その後もやはり関西最大級というぬかた園地の魅力には抗しきれず家で昼食を食べ終えるや否や飛び出すように生駒山系に向けて出発していました。

アクセスは何度もシミュレートしていました。大阪から奈良へ抜ける高速道路を見上げるように東へと進路を取りながら暗峠を目標に慈光寺を目指します。途中、懐かしきKADOYA(DSCに乗り始めた時に革ジャンを購入)の前で記念写真。

暗峠は以前も来たことがありますがその余りにも凄すぎる笑ってしまう程の急斜面は今なお健在でありました。上り坂の途中で慈光寺の大看板を見つけて登山客の脇をTODAYとそっと入っていきます。

園地への入り口でカブ乗りのアベックが丁度帰るところだったのでバイク乗りの好(よ)しみでここからどれ位あるかを尋ねました。すると予想より遠くて途中で諦めて引き返してきたとの由。ん?少し不味い状況か・・ 少し先に進むと今度はカメラマンのおじさんを発見。まずは一眼で撮ったアジサイを見せてくれます。おじさんはここからなら1時間ほど掛けてゆっくり行けばよいとのんびりと答えてくれます。どちらも弱った僕にはきつ過ぎる宣告です。

でも折角ここまで来たので前へ前へと歩を進めていきます。入り口付近からの坂道こそ結構きつくありましたがその後はなだらかなものとなり森林浴気分で気持ち良く上っていきました。

やがて山小屋風の管理事務所に着けばアジサイ園の始まりとなります。イロハ坂の様に九十九(つづら)折になった道を紫陽花に囲まれながらゆっくりと歩いていくと来てよかったなぁ~と幸せな気持ちになっていきます。

園地の一番上の道まで行きつくと帰りは駐輪場所まで少しでもショートカットしようと来た道とは違うコースを選択しましたが途中で不安になり再び元来た道に戻ります。

あじさいはその広大な敷地にあることから細かい所まで手入れが届いていない状態でしたが逆にワイルド(自然)感も感じられました。25,000株のパワーを存分に味わった一日となりました。

帰り道、慈光寺に立ち寄りました。誰もいない境内は緑溢れる空間に包まれていました。こんな素敵な場所を独り占めしているとき堪らなく贅沢を感じます

Dscn0003 Dscn0027Dscf0052 Dscf0043Dscf0060 Dscf0072Dscf0079 Dscf0101_2Dscf0109 Dscn0054Dscn0084 Dscn0082Dscf0131 Dscf0125Dscf0138 Dscf0153Dscn0138 Dscn0148Dscn0159 Dscf0225Dscf0190 Dscf0199Dscn0176 Dscn0188

|

« 頼光寺 ーあじさい寺ー | トップページ | 暗峠  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/61808324

この記事へのトラックバック一覧です: ぬかた園地 ー大阪府民の森ー :

« 頼光寺 ーあじさい寺ー | トップページ | 暗峠  »