« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月26日 (日)

六甲山 

Dscn0128 

少しでも涼しいところへと高度のある六甲山へと行ってきました。2種原付のシグナスのパワーは必要十分で上りのストレスも全く感じません。前を走る車が遅く感じるほどです。

六甲ガーデンテラスの駐輪場にシグナスを止めて英国フェアを開催中の会場内を楽しみます。ピーターラビットの絵本の世界がそこには広がっていました

その後、六甲高山植物園の三叉路を左へと六甲ケーブル山上駅に向かう途中で猫バスを発見。思わずシグナスと記念写真を撮っていました。

途中、天狗岩という興味深い対象を発見し人通りも無い舗装されていない道をバイクで行けるところまで行ってみました。あとは歩くしかない場所までたどり着いても天狗岩まではあと2.3kmとの標識に残念ながら断念しました。

記念碑台ではふたつの山上施設に入りましたがお客は僕だけでした。折角いい場所なのですが展示内容も地味でちょっと残念に感じました。

Dscn0046 Dscn0048Dscn0068 Dscn0061Dscn0071 Dscn0084Dscn0092 Dscn0096Dscn0100 Dscn0105Dscn0123 Dscn0125Dscn0145 Dscn0154Dscn0179 Dscn0189Dscn0190 Fscn0192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廣田神社 

Dscn0030 

廣田神社に昨年お祓いして頂いたお札を納めに行きました。参道にはクラシックカーがずらりと並んでいました。全部がナンバープレートを付けた実動車です。大切にされた車たちはみんな幸せそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

準備 

Dscn0236 

秘かに準備中。2りんかんでツーリングネットを購入。

銀マットと寝袋を括り付けて夢の世界へ・・・

もう心は僕より先に旅に出ています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪国際空港 

Dscn0201 

空港には物語がある。

見送る人と見送られる人。

出逢いがあるから別れがある。別れがあるから出逢いがある。

『何も知らずに あなたは言ったわ

たまにはひとりの 旅もいいよと』

空港には物語がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摂津峡 

Dscn0106 

朝起きると声が出ません。身体は怠(だる)いし元気マークは☆半分ほどしかありません。今日はDSCの車検持込み予定日です。微妙な感じでしたが朝食を食べ終えるとバイクに跨っていました。
バイクに乗ってYSP箕面店さんへと向かいます。するとあらら不思議。身体が段々と元気になってきました。バイクは僕の最良の薬です。
前輪と後輪ともにスリップサインが出ていてタイヤ交換をしなくてはなりません。今回も1月の大修理並みに費用が掛かることになりそうです。でも『タイヤは命を乗せている』とのCMコピーの通りとても大切です。特に2輪車は気付いたらこけていることに直結します。
今回も代車にシグナス125を貸して頂いたので少し遠回りして帰ることにしました。るり渓も候補地でしたが近場で摂津峡を選択。
川遊びやバーベキューに若いグループや家族連れが多く来ていました。でも白滝のある上流まで歩く人は殆どいません。上流は川幅が狭いこともあり結構な水量と勢いがあり水に流されると危険な状況でした。
誰もいない白滝と暫し向き合っていると暑かったことを忘れてしまいます。水の音だけが聞こえてきます。
Dscn0011 Dscn0012Dscn0026 Dscn0040Dscn0062 Dscn0113Dscn0107 Dscn0070Dscn0116 Dscn0159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

優しさのバトン

Dsc_2614 

優しい気持ちに触れると人は優しくなれる。

そんなことを感じた幸せな一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

神戸メリケン波止場 

Dscf0162

第14回神戸みなとまつりが2015年7月19日(日)20日(月・祝、海の日)に開催されています。ステージイベントの他にも沢山の屋台が出店して多くの人達が楽しんでいました。

僕自身は会場を歩いて一周しただけであっさりと帰路につきました。最近は賑やかな場所は苦手意識が強くなって、静かな場所に心落ち着く自分が居ます。

Dscf0108 Dscf0124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

六甲山 

Dscf0082

六甲ケーブル下と新六甲大橋下の間です。その凄い水の流れに思わずカメラを構えていました。神戸メリケンパークからの帰り道、六甲山を走り抜けて西宮に帰ろうと思いましたが表六甲ドライブウェイは山崩れの為通行止めとなっていました。

台風11号が過ぎ去った今も低気圧が悪戯しているようです。

Dscf0029 Dscf0088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

天橋立

Dsc_1672 
 
天橋立。股から覗き込むと龍が天に昇っていく姿を見ることが出来ます。
宿の部屋からは運河をたくさんの船が行き交っていますが余りにもその数が多くて驚くよりも笑ってしまう程です。
天橋立はゆっくりと歩いて写真を撮りながらでも約1時間(途中2度の給水休憩含む/片道)。帰りは遊覧船を使い12分で戻ってきました。
Dscf0709 Dscf0803Dsc_2008 Dsc_2373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

城崎温泉

Dsc_0894 

城崎は大好きな温泉地の筆頭に位置する素敵な場所です。宿の風呂はその広さが規制されていて泊り客が外湯を巡る仕掛けを作っています。
家の近くの有馬温泉は夜8時ともなると外を歩く人も殆どなく寂しい感じとなりますが、城崎はそぞろ歩きの浴衣を着た宿泊客が通りに出てきてはお店を冷やかしたり遊技場で射的を楽しんだり外湯にどぶんと浸かったりと思い思いに楽しむ光景が広がります
川面に柳が揺れて灯篭の灯りが思い出の中に揺れています。
Dscf0383 Dsc_0534Dsc_0701 Dsc_0957Dsc_0970 Dscf0457Dsc_0971 Dsc_1152

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

西宮神社 - 七夕 ー 

Dsc_0153

七夕の夜、戎さんに天の川が現れます。LEDの明かりが暗闇に浮かび上がる幻想的な様は現代人だけが見ることが出来る特権です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

腱板損傷 

Dscn0020

2日前の大野山での転倒で強打した左肋骨の痛みが引かないのでクリニックへと行ってきました。肋骨にひびが入っていると考えたからです。ついでに3ヶ月ほど前に知恩院さんで漫画の様にスッテンコロリンして左腕を強打した拍子で痛めた左肩も診て貰います。

診断は肋骨はひびは入っていない。ただ周りの神経がダメージを受けており痛みはひびと同程度の場合もある。でも1、2ヶ月で痛みは無くなるだろうとの由。
ただ『ついで』に診て頂いた左肩の方が重傷で腱板損傷とのこと。注射を打って飲み薬と湿布を頂戴し一週間後に再診。改善の様子が見られなければMRIでより詳しく診断し最悪は手術もとオッカナイことをさらりと言われました。
肩への注射だけでも失神しそうだったのに手術などは論外です。今日は柔術師の先生によるマッサージとリハビリ器による温熱治療を施して貰います。
上掲写真は知恩院さん参道で転んだときに長袖シャツを着ていたにも拘らず怪我した左ひじ上部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

大野山岩めぐり

Dscf0190 

Dscf0228
大野山に来るといつも気になっていた「岩めぐり」の大看板。あじさいまつりの今日、ボランティアの人たちが案内をしてくれるツアーがあると云うのであじさいの花付きが例年の2割と知りつつ出掛けてきました。
天気予報は曇りのち雨。雨は夜になってからとのことでしたが万一を考えDSCでなくTODAYを相棒にしていきました。あじさい祭り開催日の今日は多くの来客を見越して交通規制を敷いていました。平時の一方通行とは異なるアクセスに少し戸惑いました。山頂の駐車場が一杯になるとピストン輸送をするマイクロバスを走らせていましたがバイクはOKでした。
先着700名様に野菜の配布があり玉ねぎを頂きました。昼過ぎでもまだ玉ねぎは在庫がある状態でした。
一人では不安だった岩めぐりですが今日はボランティアの方たちが案内してくれるので安心です。スタート地点に集合すると一番札の僕にロングとショートどちらにしますか?と尋ねられます。訳が分からずにキョトンとしていると3時間コースと1時間コースがあることを教えてくれます。折角なのでここは頑張ってロングコースを選びます。
広場では女性デュオが演奏の準備中です。とても気になりますがここはグッと我慢して出発します。岩場に着くまでにたくさんの植物たちの説明をしてくれました。豊富な知識にびっくり。
その後たくさんの岩場を巡ります。ツアーも後半に入り終盤に近付いたところで足を滑らせ左側の肋骨を階段を作るコンクリートで強打。頭を打たなかったのは幸いでしたが手の支えも無く胸から落ちたために痛みが強烈で肋骨が折れたがひびが入ったと感じました。
帰路、雨が降ってきて泣きっ面に蜂状態です。100均レインコートを着るも太もも辺りが切れていて少し憐れです。結構歩いたためか夕飯後に足が攣ってとんでもなく大変なことになりました。
Dscf0004 Dscf0008Dscf0012 Dscf0014Dscf0019 Dscf0022Dscf0039 Dscf0041Dscf0052_2 Dscf0086Dscf0102 Dscf0103Dscf0104 Dscf0124Dscf0136 Dscf0167Dscf0178 Dscf0194Dscf0202 Dscf0207Dscf0244 Dscf0256Dscf0268 Dscf0275Dscf0277 Dscf0280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »