« 入院  | トップページ | 湯の峰温泉 ~2日目~  »

2015年10月31日 (土)

湯の峰温泉 ~1日目~ 

Dscn0029 

【1日目】 西宮→2→43→29→堺→2→309→道の駅かなん→富田林街道→吉野口→車坂峠→桧垣本→169→道の駅杉の湯川上→169→不動七重滝→169→桃崎→七色峡→道の駅おくとろ→瀞峡→宮井大橋→168→熊野本宮大社→つぼ湯→湯の峰荘

土日の天気をヤキモキしながらウォッチしていました。でも金曜の夜の時点で日曜日の降水確率は50%と雨必至の状況でした。仕方なく車での出動と決め大きなボストンバックに荷物(主に着替え)を放り込みました。ところが出発当日の朝、何気なく天気予報を見ると日曜日の降水確率は20%まで激減しているではありませんか。そうであれば勿論相棒はDSCとなります。用意したすべての荷物を一旦キャンセルし必要最低限の物だけをセレクト。小さな布袋に押し込むように入れ直します。

バイクに跨れば一昨日までベットの上で安静にしていた入院患者とは思えません。バイク馬鹿の見本のような自分に思わず呆れて苦笑い。。

以前立ち寄った時には洪水で橋が流されて途中で引き返さざるを得なかった不動七重滝。車3台ほどのスペースしかない滝へのアクセス入り口もバイクならばいつでも余裕でOKです。この気軽さがとても嬉しいのです。急な階段を下り切り川の上流へと歩いて行くと頑丈な橋が架けられていました。

大きな岩場を乗り越えていくと途中の展望台入り口を見つけることなく突き当りとなってしまいました。そこからは3段目の滝だけが観ることができます。それでも誰もいない空間が嬉しくて仕方ありません

暫くその素敵な時空間を楽しみます。重い腰をやっと上げ来た道を帰すと小さな看板を見つけました。ロープと急な階段が目に飛び込んできます。見つけました。展望台の入り口です。でもその急こう配に尻込みしている自分が居ます。どうしようかと迷っていると上から3人連れのご家族が下りて来られました。僕と同年配か少し上のお母さんが「歩いて2、30分程。ここに来たら是非行って観ないと勿体無いですよ」と教えてくれます。僕の決心が固まった瞬間でした。

でも少し上がってすぐに後悔。なにせ一昨日まで入院していた身であることを忘れていました。ベットの上で2週間強過ごしていた足腰は想像以上に弱っていました。途中、息も上がり足も上がらずどうしようかと何度も考えました。後から来た親子連れにも速攻で追い抜かれます。何度も階段や手摺に身を任せては休憩を取りながら騙し騙しゆっくりと上っていきました。

やっとのことで展望台が見えた時には嬉しさよりもこれでもう上らなくて良いんだと思わずホッとしてしまいました。展望台からは上段(1&2段)の滝を観ることが出来ます。全容を観るには少し近過ぎるようです。ここに来られたという満足感に包まれながら暫くその素敵と戯れていました。

Dscn0011 Dscn0035Dscn0045 Dscn0121Dscn0067 Dscn0068Dscn0125 Dscn0154Dscn0160 Dscn0183Dscn0168 Dscn0177Dscn0224 Dscn0251Dscn0254 Dscn0264Dscn0275 Dscn0278Dscn0295 Dscn0296Dscn0297 Dscn0307Dscn0330 Dscn0332Dscn0376 Dscn0396

|

« 入院  | トップページ | 湯の峰温泉 ~2日目~  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/62601474

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の峰温泉 ~1日目~ :

« 入院  | トップページ | 湯の峰温泉 ~2日目~  »