« 船坂  | トップページ | 入院  »

2015年10月12日 (月)

海住山寺

Dscn0032 

163を通る際に、いつも気になっていた海住山寺(かいじゅうせんじ)。まずはその読み方からしてよく分かりません。分からないことがあると気になるものです。

今回はずばり海住山寺を目的地としてプチツーを楽しんできました。道路沿いにある大看板の案内に従って少し不安な気持ちに襲われながら細い道を進んでいきます。途中、角々に方向版があって迷うことはありませんがこんな狭い道で大丈夫?という箇所が続きます。

車だったら絶対に通りたくない道の連続です。もちろん車でのすれ違いは出来ない道です。バイクはこういう時お気軽で対向車の心配もありません。寺の少し手前では暗峠並みの急こう配の坂道に驚きました。

寺の入り口近くに駐車場がありそこにバイクを止めさせて貰います。

ご住職の受け答えでその寺の良し悪しが何となく分かります。一通り境内を廻ったのち、入り口の方からハイカーたちの大声が聞こえてきました。そろそろ退散時のようです。

本当は但馬高原植物園の根元から水の流れるかつらの木を観たいと思っていたのですが、晴れのち雨と午後からの降水確率50%。これだと行くことができません。

この時期困るのがどんなウェアを着ていくかです。昨日TODAYでも身体がグッと冷え込んで指が痺れました。

帰ってから濃いめの熱いコーヒーを飲みました。久しぶりのこの感じ、嫌いではありません。 

Dscn0009 Dscn0013Dscn0049 Dscn0022Dscn0059 Dscn0073Dscn0078 Dscn0081Dscn0095 Dscn0102

|

« 船坂  | トップページ | 入院  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/62462195

この記事へのトラックバック一覧です: 海住山寺:

« 船坂  | トップページ | 入院  »