« 龍神温泉 | トップページ | 荒牧バラ公園  »

2016年5月22日 (日)

龍神村 

Dscn0348

7時からの開湯に一番風呂を目指して浴衣を羽織りぶらりと部屋を出ていきます。朝の陽を感じながら入る露天風呂は言葉にならない位素敵な時間をプレゼントしてくれます。湯船に入りながら肌を触るとぬるっとした感触が温泉の効果を感じさせてくれます。

10時のチェックアウトまで部屋で微睡(まどろ)んでもう一度風呂に入ろうと考えていましたが、地図を見ていると小森谷渓谷の素敵が僕を外に連れ出していました。維盛(これもり)伝説の数々のエピソードがこの渓谷の所々に残っています。維盛と地元の娘「お万」との悲恋物語の舞台「白壷」、「赤壷」をどうしても見たくなりました。

19号線はその入り口から田舎の中の田舎たる「ザ・田舎」の光景で旅人の僕を迎えてくれます。道は途中からグッと狭くなり渓谷沿いに時折湧水が溢れる箇所を通りながら進んでいきます。小森谷渓谷へは非舗装のガタガタ道となってアメリカンバイクのDSCは喜んでいるように時折小さく飛び上がりながらの前進となります。僕のDSCはDSC兄弟の中で一番こんな道を走っていると思います。その行き止まりに小さな広場があってそこからは徒歩となります。

いきなり谷底へ落ちたら一溜りもない崖っぷちが高所恐怖症の僕を試してきます。「なんだこりゃ~」大きな独り言を言いながらゲームの中の主人公の様にひとつひとつクリアしながら進んできます。

やっとの思いで白壷、赤壷に到着するも渓谷が流れているのは木々の下の下、足が竦むような深さの先にあってはっきりと見ることが出来ません。そこから先へはさらに険しい道が続いています。僕はもう限界です。帰る道もその怖さをどう克服して帰るか思案しているのにこれ以上の難題はもうNGです。ここから素直にDSCの居る場所へと戻ることにします。なるべく崖下を見ないように足元だけに気を付けます。

帰り道、DSCと渓谷沿いをゆっくりと走っていきます。見通すことが出来ないカーブを曲がると小鹿とバッタリと遭遇しました。小鹿と僕が同時に驚きます。小鹿はクイックターン、そのか細い脚をカッカッカッと空回りさせて反対側(僕の進行方向)に一目散に逃げていきます。でもこの道は行き場のない一本道です。谷へ飛び降りてもしたら小鹿は怪我をしてしまいます。逃げる時間が十分に取れるようにDSCを超低速で走らせます。次のカーブを曲がると小鹿の姿は見えなくなっていました。どうやら山の中へと無事に戻ってくれたようです。

高野龍神スカイラインはもうどれ位走っていることでしょう。ごまさんスカイタワーが道の駅になっています。でもタワーに上るには別途料金が必要です。だからまだ上ったことがありません。でも素敵な場所を見つけました。高野山寄りの鶴姫広場に360度の大展望が広がる展望台がありました。僕以外は誰も居ません。入り口にあるレストランが稼ぎ時にもかかわらず休業しているので誰もがスル―してしまいます。鶴姫の物語を知ることの出来る資料館も展望台下に併設されていてとても素敵な場所でした。

粉河街道を選択して家路に着きます。不法投棄対策に「沖縄旅行を当てよう」キャンペーンの看板が悲しい現実を教えくれていました。

Dscf0363 Dscf0373Dscf0380 Dscn0262Dscn0269 Dscn0273Dscn0289 Dscn0276Dscn0274 Dscn0292Dscn0324 Dscn0338Dscn0345 Dscn0355Dscf0396 Dscf0422Dscf0405 Dscf0418Dscn0368 Dscn0385Dscf0429 Dscn0415Dscn0418 Dscn0420Dscn0433 Dscn0448Dscn0439 Dscn0460Dscn0463 Dscf0457Dscf0455 Dscn0464Dscn0510 Dscn0514

|

« 龍神温泉 | トップページ | 荒牧バラ公園  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/63668917

この記事へのトラックバック一覧です: 龍神村 :

« 龍神温泉 | トップページ | 荒牧バラ公園  »