« 六甲高山植物園  | トップページ | 龍神温泉 »

2016年5月15日 (日)

大和葛城山のつつじ 

Dscf0310 

以前、水越峠からチャレンジした往復歩きの山登り。その時に、再び葛城山に来る機会があったならば素直にロープ―ウェイを利用する事を学びました

だから今日は5時半起きでピーク時には3時間待ちもあるというロープ―ウェイ対策の為早くに到着する様にしました。

【本日のコース】 西宮→2号線→43号線→弁天町→29→堺→2→309→千早赤阪村→30→櫛羅→葛城山→30→165→柏原→25→阿倍野→43→西宮

30号線を北上して葛城山へと向かう道を左折すると既に車は長い列を作って大渋滞の有り様でした。バイクの僕は申し訳ありませんが居並ぶ車の横をスイッとパスしていきます。駐輪代は200円です。後で知ることになりましたがバイクは道端の空きスペースに無料で止めている人達も多くいました。

ロープ―ウェイ乗り場では整理券を配っていました。8時24分に整理券をゲットし乗車券(片道)を購入。30分待ちとのアナウンスでしたが実際の乗車は9時5分。約40分の待ちとなりました。

ロープ―ウェイに乗ってしまえば約7分ほどで山上駅に到着です。つつじ園にはそこからさらに緩い坂道を15分ほど歩いて行く必要があります。

つつじは残念ながら真っ赤な色を失って白っぽくなっていました。枯れた花も多かったです。ロープ―ウェイ乗り場入り口にあった開花状況を知らせる大看板には「枯れ始め」とありましたがそれもちょっと盛っているような感じでした。

山上と麓を結ぶ登山道には途中ふたつの素敵な滝があります。下山するにもロープ―ウェイ待ちをするのも嫌で、倹約も出来る一石三鳥狙いで歩いて下ることに決めていました。でもこれがとんでもない間違いであったことに途中から気付かされました。歩くことが困難な程に膝が痛みだしたのです。それでも下りない訳にはいきません。身体と心を騙し騙しゆっくりと下りていきます。

下山の時にすれ違ったカップルからはロープ―ウェイは既に2時間半待ちの状態となっていることを教えて貰いました。若いカップルならいざ知らず、なかには明らかに僕よりも高齢なおじいさん、おばあさんが上りにチャレンジしているのが凄く心配になりました。

ロープ―ウェイ乗り場付近は2時間以上待つ覚悟を決めたグループの方達がビニールシートを敷いて横になって寝ていました。でもそれが正解だと思います。 


Dscf0004 Dscf0009Dscf0006 Dscf0008Dscf0010 Dscf0020Dscf0072 Dscf0090Dscf0093 Dscf0100Dscf0108 Dscf0114Dscf0110 Dscf0198Dscf0120 Dscf0156Dscf0195 Dscf0221Dscf0234 Dscf0229Dscf0238 Dscf0276Dscf0298 Dscf0241Dscf0315 Dscf0346Dscf0367 Dscf0423Dscf0433 Dscf0486Dscf0437 Dscf0448Dscf0463 Dscf0469Dscf0501 Dscf0518Dscf0503 Dscf0507Dscf0512 Dscf0551Dscf0580 Dscf0629Dscf0560 Dscf0651Dscf0668 Dscf0691

|

« 六甲高山植物園  | トップページ | 龍神温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/63636366

この記事へのトラックバック一覧です: 大和葛城山のつつじ :

« 六甲高山植物園  | トップページ | 龍神温泉 »