« 天下一品  | トップページ | 大野山アルプスランド  »

2016年6月12日 (日)

三室戸寺 

Dsc_0376 

紫陽花の季節にずっと訪ねてみたいと思っていた憧れの場所でした。この日は午後から雨の予報にももっと早く雨が降ってくれてもいいと余裕の構えでありました。雨の中の紫陽花の素敵は別格の魅力があるからです。でも三室戸寺に着くときには薄日が差すほどの天気となっていました。

雨で打ちのめされた先週と同じ轍を踏むことはしません。今日の相棒はDSCでなくフィットとなりました。ETCサイトで時間と金額を調べて初めて気づきましたが大阪近郊区間ではETCの割引メリットは全くありません。どこかの政党が高速料金は全部無料と言っていたのが懐かしく感じられます。

西宮からは高速を使えば約1時間で到着です。紫陽花の季節、8時半からお寺は開門してくれています。10分ほど前に駐車場に入りましたがすでに門前には入場待ちの人々の長い列が出来ていました。ただ車はスッと駐車場(500円、出庫時に支払)に入れることが出来ました。

山門の手前に入り口があり拝観料(500円)を支払います。右手にアジサイ園が広がっています。そちらに行きたい気持ちになりますがグッと我慢してまずはご本堂へ挨拶に伺います。(注:誘惑に負けて先にアジサイ園を廻ると本堂へ行くのに来た道を再び戻る様になり気力と体力に自信のある人以外にはお勧め出来ません)

牛の口の中に手を入れて球を転がしたり(勝運)、兎の下腹部に両手を差し込み卵を立てたり(足腰健康)、髭爺の福耳と髭と尻尾を触ったり(金運他)と結構やることがたくさんあります。キャキャ言いながら皆さんとても楽しそうです。

紫陽花は今が丁度の見ごろを迎えていました。枯れている花が殆どなくドンピシャのタイミングでありました。ただライトアップの為の装置、特に支柱がその景観を少し残念なものにしていました。お寺としては昼も夜もこの時期に稼がなければならないのは分かりますがもう少し工夫が欲しいと我儘にも思ってしまいました。

それにしてもカメラマンの多いこと。カメラ(スマホ含む)を持っていない人を探すのが難しい程です。スピーカーからは三脚禁止の案内が流されていました。

Dsc_0005 Dsc_0012Dsc_0034 Dsc_0015Dsc_0008 Dsc_0041Dsc_0018 Dsc_0020Dsc_0065 Dsc_0070Dsc_0096 Dsc_0117Dsc_0180 Dsc_0142Dsc_0187 Dsc_0192Dsc_0237 Dsc_0034_2Dsc_0260 Dsc_0275Dsc_0282 Dsc_0286Dsc_0300 Dsc_0295Dsc_0316 Dsc_0334Dsc_0338 Dsc_0355Dsc_0343 Dsc_0359Dsc_0371 Dsc_0373Dsc_0390 Dsc_0414Dsc_0424 Dsc_0067Dsc_0446 Dsc_0451Dsc_0462 Dsc_0453Dsc_0082 Dsc_0076Dsc_0528 Dsc_0488

|

« 天下一品  | トップページ | 大野山アルプスランド  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/63767835

この記事へのトラックバック一覧です: 三室戸寺 :

« 天下一品  | トップページ | 大野山アルプスランド  »