« 北山緑化植物園  | トップページ | 中井精也先生  »

2016年6月 4日 (土)

和歌山電鉄 貴志川線 

Dscf0517 

ラーメンが大好きです。和歌山ラーメン三昧をしたいと以前よりお泊り付きでの計画を練っていました。地元では中華そばと呼ばれています。折角ならばプラスアルファのお楽しみ付きとタマ電車で全国に名を馳せている和歌山電鉄に乗ってタマ駅長に会いに行こうと考えました。

初代のタマは昨年(2015)6月に永眠し現在はたまⅡ世駅長『ニタマ』がその後を継いでいます。

お天気は雨模様。でも土曜日はなんとか持ちそう。日曜日も雨の後、曇りの予想です。微妙でしたがここは思い切ってDSCで行くことにしました。

【和歌山市内】 ビジネスホテルかつや→JR和歌山→和歌山電鉄貴志川線和歌山駅→伊太祈曽駅→梅づくし祭り→伊太祁曽神社→伊太祈曽駅→和歌山駅→丸美商店(和歌山MIO地下1階)→和歌山駅→貴志駅→平池→甘露寺前駅→和歌山駅→かつや→アロチ丸高中華そば→和歌山駅→日前宮駅→日前宮→花山温泉→日前宮駅→和歌山駅→四季食風館GOTOH→かつや

宿では朝の早くからバイクを置かせて頂きました。これで安心して和歌山を一日中堪能できます。JR和歌山駅の改札は切符なしで一言掛けて入っていきます。9番線にある和歌山電鉄貴志川線の入り口で一日乗車券を購入します。でも入場待ちの人たちが階段下まで並んでいたのにびっくりです。

タマ電車に乗って本日うめぼし電車デビューのイベントが開催される伊太祈曽駅へと向かいます。田舎の駅に大勢の人たちが来ていました。会場を歩いているとカリスマ鉄道カメラマンの中井精也先生がいらっしゃるではありませんか。おぉ~、テレビでは良く拝見していましたが実物は初めてです。感激。ちびっこカメラマンたちは中井氏にコバンザメのようにピッタリとくっついていました。

イベント会場を後にしてラーメンを食べに一旦和歌山駅に戻ります。駅ビルB1にある丸美商店に到着。長蛇の列を覚悟していたのですが運よくカウンダ―に直ぐに座ることが出来ました。宿で貰ったパンフレットにあったクーポン券を千切って渡すと玉子がおまけで付いてきました。美味しいラーメン、おっと中華そばに感激。

満腹になって再び一日乗車券でニタマ駅長が居る終点の貴志駅へ向かいます。貴志駅の駅舎はそれ自体が猫の顔になっていて耳までちゃんと着いています。イベント会場からすでに帰還していたニタマはガラスケースの中で大物らしくグタッと横になっていました。

夕方に宿に戻りまずは宿のお風呂のドボン。一番風呂です。大人4人ほどが入れる大きさの浴槽です。そこに僕独りですので極楽至極です。

風呂から上がれば再びラーメンを食べに行きます。アロチ丸高中華そば。開店10分前に着いてしまい外で待っていましたが雨が降ってきました。お店の人が中に入れてくれました。

ラーメンを食べ終えたら再び一日乗車券で日前宮へ。全国温泉ファン垂涎の花山温泉へと行ってきました。でも駅から温泉への歩きルートがとても分かり難くて大変でした。高速道路の高架を潜った辺りではさすがに違うだろうと渋滞中の車の中を反対車線に渡り丁度表で作業をされていたお店の方に尋ねました。お店の人からは結構ここまで来てしまって聞かれることが多いと教えて貰いました。15分程で行ける予定でしたが結局その倍程掛かってしまいました。もう行くのも止めようかと心が折れそうでした。それでもなんとか辿り着いたのはその湯の花(カルシウム)で作られた湯船のオブジェをこの目で見たかったからに他なりません。

全国屈指の高濃度温泉の威力がお風呂場全体をオブジェにしています。鉄分の強さも唇を濡らすお湯が教えてくれます。お湯を堪能し脱衣所から出てきたらコーヒー牛乳は定番です。ちょっと恥ずかしいので腰には手を当てずに一気飲み。プハーっと息を吐き出して儀式は終わります。

夜の電車に揺られながら和歌山駅へと向かいました。

Dscf0014 Dscf0024Dscf0037 Dscf0046Dscf0062 Dscf0065Dscf0073 Dscn0035Dscf0106 Dscf0130Dscf0145 Dscn0200Dscn0204 Dscn0239Dscf0195 Dscf0227Dscf0241 Dscf0243Dscf0255 Dscf0262Dscf0290 Dscf0297Dscn0261 Dscn0265Dscf0322 Dscf0342Dscf0347 Dscf0350Dscf0351 Dscf0352Dscn0267 Dscf0393Dscf0400 Dscf0401Dscf0433 Dscf0448Dscf0452 Dscf0460Dscf0462 Dscf0465Dscn0294 Dscn0324Dscf0483 Dscf0487Dscf0493 Dscn0328Dscn0330 Dscf0576Dscf0588 Dscf0590Dscf0615 Dscn0376Dscn0383 Dscn0401Dscn0406 Dscn0413Dscn0429 Dscn0437_2Dscn0443 Dscf0633

|

« 北山緑化植物園  | トップページ | 中井精也先生  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/63735468

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山電鉄 貴志川線 :

« 北山緑化植物園  | トップページ | 中井精也先生  »