« X20  | トップページ | SO.ON project  »

2016年7月16日 (土)

X20 ~復活編~ 

Dscn0007

本町にある富士フィルムの大阪サービスステーション(SS)。

電話でお聞きした時には修理費用4or5千円、3,4日の所要日数となる(ただし、正確には実物を見てから)とお聞きしていましたが、SSで診て貰うとなんと無料で、しかも10分ほどで対応してくれました。接着剤で着けていたと思っていたゴムは強力な両面テープで着けているとのことですぐに使っても問題はないとの由。

折角SSに来たのでフラッグシップ機を無料レンタルさせて貰います。富士フィルムさんは太っ腹で当日中であればカメラボディもレンズも無料で貸し出してくれています(ただし在庫限り)。この日は係の方もお持ちになっているというXーPro2と、レンズはXF18-135をセットで借りました。レンズは本当のお勧めは単焦点でしたが難波へ繰り出すのに自由が効くズームを選択させて貰いました。買えば全部で30万円ほどのセットです。落としたりした場合には弁償しなければなりません。大事に大事に扱います。

インプレッション:D7000の3倍ほどもある1枚当たりのデータ容量。16GBのSDはソーオンプロジェクトのメンバーの素敵の所為もありますがすぐに一杯となってしまいました。カメラは良いボディと良いレンズの組み合わせで最高のパフォーマンスが発揮できることを改めて確認と確信をすることとなりました。X20ではトリミングの拡大表示は検討外でありましたがPro2では十分に対応可能でありました。D500に傾いていた僕でしたがD810へと再び引き戻されています(でも買わない、買えない・・)。

Dscn0005 Dscf1055

|

« X20  | トップページ | SO.ON project  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/63923864

この記事へのトラックバック一覧です: X20 ~復活編~ :

« X20  | トップページ | SO.ON project  »