« 本州最南端の旅  | トップページ | 桑ノ木の滝  »

2016年11月12日 (土)

通行止め

Fscn0250

天川村に入り道を跨ぐ様に掛けられた交通情報の電光掲示板が309の通行止めを教えてくれます。念のため天川村総合案内所で確認します。最初に応対に出た男の人は要領を得ず、隣から女性の方がきちんとした情報を提供してくれました。一旦来た道を大きく戻らなければとのアドバイスですがここは53を利用しそこから168を南へと抜けていくこととします。

塞翁が馬。途中でびっくりするほどの紅葉と出逢うこととなりました。走ること自体が楽しいバイクのツーリングですがこんな偶然の出逢いがその楽しさを倍増してくれます。

十津川、そして川湯と名湯地を走り抜け瀞峡に入ります。熊野川に架かる三和大橋を渡りますが和気から浅里までは依然として崖崩れによる通行止めでありました。ここは北からのアクセスを諦めて南からチャレンジすることとします。そうなると飛雪の滝の前に桑ノ木の滝へ行くこととなります。

Dscn0021 Dscn0038Dscn0030 Dscn0051Dscn0071 Dscn0085Dscn0116 Dscn0120Dscn0125 Dscn0145

|

« 本州最南端の旅  | トップページ | 桑ノ木の滝  »

コメント

あの辺りはまだ道路事情がままならない状況のようですね。

投稿: keiichi_w | 2016年11月15日 (火) 06時03分

大規模工事と並行してあちらこちらで崖崩れなどで
通行止めになっています。
僕などはいつでもまた来ることが出来るので
問題ないのですが、遠くから来られる方は
道路状況の確認は必須ですね。

高速道路や自動車専用道路などアクセスが段々と
し易くなっています。
でも不便で人が来ることが難しい場所が
残っていても良いのではないかと思うこともあります。

投稿: tetsu | 2016年11月15日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/64487490

この記事へのトラックバック一覧です: 通行止め:

« 本州最南端の旅  | トップページ | 桑ノ木の滝  »