« 蝋梅Ⅱ  | トップページ | 故郷 横浜 »

2017年1月31日 (火)

ドラッグスタークラシック400 

Dsc4_gallery_001_2016_004s

ずっと僕と一緒にいてくれたDSC400。本日、YSPのH工場長さんから連絡がありました。電話口の向こうで言葉を選びながらDSCにこれ以上延命措置をするのはどうだろうとあくまでも僕に考える時間を下さりながら優しくその寿命の終焉を教えてくれました

僕は電話口で頭が真っ白で思考力ゼロになっていることを正直にお伝えするとその気持ちを察してゆっくり考えてくれたら良いと仰って下さいました。 代車のマジェスティ250もそれからの返却で構わないと本当に有り難いご配慮にYSPさんとご縁があって本当に良かったと素直に感謝します。

2003年8月9日、DSCが僕の相棒となった記念すべき日です。あれから約13年半、DSCはいつも僕のそばにいて僕を夢の世界に誘ってくれました。


『生きること=バイクに乗ること』の僕が相棒を失うことは生きることを止めることとなってしまいます。それはいけません。ただ今の環境の中で何がベストなのか、思いっきり悩んでみたいと思います。

駐輪場はカブが連れ去られた悲しき場所であることに変わりありません。その後、オーナーさんが防犯カメラを付けてくれましたが新車や人気車は置くことが躊躇われます。

残されたTODAY1台体制だけでは余りにもバイク生活が貧弱で寂しいものとなります。125か高速も可能な150か、大きいバイクは『マイガレクラブ』(年間会員制のレンタルバイクスキーム)に加入か、

https://www.mygareclub.com/

バイク保険は変更かそれとも解約・中断か、まだDSCのことを引き摺りながら思考があっちこっちに飛んでいます。

|

« 蝋梅Ⅱ  | トップページ | 故郷 横浜 »

コメント

13年の付き合いの相棒となるといろいろありますよね。
しかし、心機一転するのもいいと思いますよ。いろいろ刺激になるかも。

投稿: keiichi_w | 2017年2月 1日 (水) 06時01分

お心遣いありがとうございます。

心機一転、そうですね。
気持ちの切替が今は必要なようです。

高速を乗れないバイク乗りと
なるかもしれません。
でもそうなるとバイク乗りと
言えないかも、などと感じます。

カブ一台体制の時には胸を張って
バイク乗りと言うことが出来たのに
ちょっと自分でも不思議な感じです。

投稿: tetsu | 2017年2月 1日 (水) 20時21分

危なくないところで息絶えたドラッグスターくんはご主人様の命を第一に考えてくれたのでしょうね。何て素敵な相棒だったのでしょう!お悔やみ申し上げます

投稿: 雪だるま | 2017年2月 3日 (金) 07時52分

高速道路でこの状況になっていたら
命に関わっていたかもしれませんね。

本当にこれ以上ない相性ばっちりの
相棒でした。

アクセルを1mm動かすだけで、
また、タイヤが知る道路の状況まで
DSCの状況が自分の身体の一部の様に
感じることが出来ていたと感じています。

投稿: tetsu | 2017年2月11日 (土) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/64834324

この記事へのトラックバック一覧です: ドラッグスタークラシック400 :

« 蝋梅Ⅱ  | トップページ | 故郷 横浜 »