2017年1月15日 (日)

大原 2日目

Dscf0517

朝市は6時から9時までの開催です。今年最初の朝市ゆえ、出品者もお客さんも力の入れようがいつもの10倍くらいあると予想していました。

お宿から会場の里の駅までは車ですと3分位です。5時半ごろに起きれば30分ほどでチェーンを巻き終え開始早々の開場へと乗り込める予定でした。

ところが雪の降り様が尋常でなく、かつ、暗い中でのチェーン装着に大いに手間取り結局2時間後の7時半にやっと装着完了の始末。8時からの朝食なのでもうそのまま朝市に行くことは諦めざるを得ませんでした。雪はひざ下まである長靴でもなんとかギリギリ歩ける位に深く積もっていました。宿の方もこんな雪は初めてとびっくりされていました。

朝食を頂きコーヒーを2杯頂戴して9時半ごろに出発します。チェーンの確認をするために朝市の終わった里の駅へ向かいました。出店者用の屋根付きブースに車を止めさせて貰って装着状態のチェックを行います。そこで自分勝手に判断した装着方法が違っていたことに気付き、再度装着し直します。めでたしめでたし。

雪はその間も深々と降り続けていました。朝市の状況が気になりました。出店者の方にお聞きすると普段なら20から25店ほどある出店が今日は4店しかなかったそうです。お客さんも多くなかったようです。僕みたいに楽しみにしていた人も多くいたかと思いますがアクセスが出来ずに来ることが出来なかったのではないかと思います。

そういえばお宿でもキャンセルのお客さんがいらしたと言われていました。天気予報で大荒れの大雪予報を声を大にして伝えていたので仕方ありません。

Dscf0477 Dscf0497Dscf0520 Dscf0528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

大原 1日目 

Dscf0347


【1日目】 西宮→宝塚IC→京都南IC→東寺→西本願寺→二条城→堀川北大路→修学院→大原→里の駅大原→ベニシア邸→旅荘『茶谷』→三千院→茶谷

【2日目】 
茶谷(チェーン装着)→里の駅大原(チェーン確認再装填)→修学院→百万遍(チェーン外し)→八坂神社→東福寺→東寺→京都南IC→西宮IC

今年初めて15日の日曜日に朝市が行わる大原。すごく楽しみにしていたのですが大雪で予定が大きく狂いました。

その中で学んだことがありました。それは雪が降る前日の明るいうちにチェーンを装着すること。早朝、暗く雪降る中での久しぶりのチェーン装着はもの凄く大変でありました。

少し早めに西宮を出発したのでお昼には大原に到着。朝市の会場にあるご飯処で昼食を頂きました。車を宿に置かせて貰って三千院さんまで舞い散る雪の中をゆっくりと歩いて行きました。

雪の大原、テレビで見ている分には素敵なのですが、現実にそこにいると寒くて大変でした。三千院さんでの温かいお茶のおもてなしが身に沁みて嬉しく感じました。


Dscf0009 Dscf0035Dscf0041 Dscf0043Dscf0055 Dscf0072Dscf0118 Dscf0132Dscf0148 Dscf0155Dscf0164 Dscf0172Dscf0185 Dscf0207Dscf0220 Dscf0251Dscf0278 Dscf0286Dscf0291 Dscf0323Dscf0335 Dscf0357Dscf0359 Dscf0381Dscf0373 Dscf0425Dscf0403 Dscf0410Dscf0455 Dscf0463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

猪名川 

Pc170019

猪名川の道の駅で新鮮な野菜たちをゲット。形が悪かったり大きさが整わなかったりと味とは関係のない人の理屈でアウトとなった野菜たちがここでは主役です。みんな良い味を出しています。

多田銀山跡にも久しぶりに足を運ぶと新しい施設が出来ていました。昔、カブと無茶して遭難しかけたことを懐かしく思い出しました

Pc170023 Pc170033Pc170072 Pc170076Pc170101 Pc170140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

小豆島 2日目 

Dsc_0412


チェックアウトする際に宿から醤油の揚げ餅せんべいをプレゼントしてくれました。こんなことがとても嬉しく思います。

今日は午前中に島の中央にある千枚田を巡り、88ヶ所最大の難所である笠ヶ滝へ向かいました。修行場とも思える寺までの道程は鎖を掴みながらでないと上り下りできない位険しいものです。滑り止め付き軍手を用意しチャレンジします。でも以前にも来ている場所です。少し心のゆとりもあります。

小豆島一番のおススメのスポットが四方指展望台です。寒霞渓からの景色よりもこちらの方がお気に入りです。その解放感というか見渡せる景色の雄大さは心が洗われるようです。

『撮ってくれますか?』 と若者に声を掛けられました。韓国のアベック2組のグループです。

僕もここ四方指展望台に上がって目の前に絶景が広がっているのを見た瞬間におもわず『おぉ~』と感嘆の声が出てしまいましたが、アベックの女性が僕の後ろで同じ声を上げていたので親近感を感じ、撮ってあげましょうかと声を掛けてあげようかと思っていたところでした。彼氏から渡されたカメラはライカのデジカメです。初ライカにちょっぴり興奮します。たくさん撮って最後には面白い顔をして貰いました。たぶん一組のカップルは日本に長く居て、もう一組のカップルは彼らを訪ねてきたのだと思います。日本が大好きになってくれたらと思います。

二十四の瞳館で小豆島を締め括ろうと思います。給食セットを頼むことも忘れません。牛乳が苦手なのでコーヒー牛乳にして貰います。小学生の時、脱脂粉乳はコーヒー味でもNGでありました。薄い膜が出来るのがなんとも気持ち悪かったのを覚えています。

醤の郷には残念ながら時間的に立寄ることが出来ませんでした。またこの静かで素敵な島には来てみたいと思います。




Dscn0274 Dscn0279Dscn0291 Dsc_0232Dsc_0254 Dsc_0260Dsc_0275 Dsc_0276Dsc_0288_2 Dsc_0298Dsc_0305 Dsc_0317 Dsc_0327 Dsc_0325_2Dscf0006 Dscf0012Dscf0023 Dscn0301Dscf0026 Dsc_0403Dsc_0337 Dsc_0345Dsc_0353 Dsc_0328Dsc_0434 Dsc_0347Dsc_0451 Dsc_0457Dsc_0464 Dscn0326Dsc_0480 Dsc_0483Dsc_0373 Dsc_0375Dsc_0377 Dsc_0495Dsc_0403_2 Dsc_0512Dsc_0516 Dsc_0527Dscf0062 Dscf0077Dscf0081 Dscf0084Dscf0086 Dscf0102Dscf0124 Dscf0131Dscf0178 Dscn0345Dscn0389 Dscn0398

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

小豆島 1日目

Dsc_0216

フェリー会社からプレゼントして頂いた片道無料券。無駄にはしません。早速ネットから予約します。小豆島での素敵で贅沢な時間をたっぷりと取りたかったので神戸を深夜に出港し、高知経由で島には早朝に着く便を利用しました。

事前に調べると船の中では毛布とかの貸し出しは無いので掛物がないと眠り難い人はシュラフが便利とありました。眠ることが出来ないことはないのですが念のためキャンプよろしく銀マットとのセットを船内に持ち込みました。でも船内は暖かくシュラフを利用している人は皆無。その雰囲気の中で流石にキャンプよろしくシュラフをセットするのも躊躇われ銀マットで自分の居場所をアピールするだけに留めました。

近くの3世帯家族連れが遅くまでおしゃべりして笑い合っていたので、売店で無料配布していた耳栓を貰いに行きました。これでなんとか眠りの世界に入っていくことが出来ました。


【1日目】 西宮→神戸→坂手港→道の駅「小豆島オリーブ公園」→三都半島→釈迦ヶ鼻園地→地蔵埼灯台→犬の墓→長崎→誓願寺→道の駅「小豆島ふるさと村」→土庄→迷路の街→西光寺→土渕海峡→餃子のお店(店名不明)→戸形(ウミガメ)の浜→重岩→沖之島(渡し船)→道の駅「大阪城残石記念公園」→石丁場→福田港→八人石→南風台→橘→大角鼻灯台→ベイリゾートホテル小豆島

【2日目】 宿→436→252→中山千枚田→中山農村歌舞伎舞台→肥土山農村歌舞伎舞台→笠ヶ滝→馬越→銚子渓→四方指(しほうざし)展望台→寒霞渓→29→草壁港→古江→二十四の瞳館→岬の分教場→坂手港→神戸→一風堂→西宮


初日は海沿い、しかも出来るだけ海に近くを時計回りに廻っていきます。その軌跡がほぼ小豆島を描くようにするのが目標です。

2日目は寒霞渓を廻る内陸を小さく右回り。乗船前に二十四の瞳の村でまったりゆっくりのびんりとする予定です。

行路にも記載しませんでしたが小豆島の88ヵ所のひとつで本堂から出て来られた一人の初老の男性の方と出会いました。奥様が心の病気で長く患っていらっしゃるとのこと。地の人たちにはこんなことを話せないのでと僕を相手に心の荷物を下ろされていました。こんな風に少しでも役に立てることが嬉しく思います。遠く海を走る船を見ながらその方とその奥様の幸せを願います。

僕が行きたかったが行きそびれた三都(みと)半島の『長崎のしし垣』。そこに先日お仲間と行ったばかりとアクセス方法を教えてくれました。小豆島のミニ万里の長城でとっても素敵だから是非にと勧めてくれました。そしてわざわざ坂に下に止めてあった車まで戻って地図を取って来て下さいました。早く良くなってという言葉も何か胡散臭く心が籠ったものに思えなかったので、末永く仲良く一緒に過ごされます様にと別れの言葉をお渡ししました

土庄(とのしょう)にある迷路の街。現代作家たち若者グループが中心となって町おこしを行っています。キーワードを集めて最後に搭に入るための呪文をゲットするような企画をしていましたがややこしそうなのと少し時間が掛かるとのことでしたのでフリーで街中をぶらぶらすることにしました。お昼になり餃子の赤い幟がはためく少し怪しそうなお店に行きました。すると営業中の看板が出ているのにも係らずドアが開きません。んんん? 訳が分からずにいると店の中から今開けるからちょっと待ってとの声が聞こえてきました。

人生の大先輩のご年齢のオーナーはたった今変な女子大生3人が来たから鍵を締めたのだと仰ります。いまひとつ訳が分かりません。話を聞くうちにこの古き良き町を現代アートに係る若者たちが変な風にしていくのが我慢ならないと思われていることが伝わってきました。決して悪いことをしているのじゃないから、と言ってももう絶対にダメなのであります。ただオーナー自身が自分は変わり者、嫌われ者と自認している処がまた可愛らしいのです。変に迎合しないで自分自身を貫いてほしいと思いました。色々な楽しいお話をしてくれました。食事を終えると店の外まで見送って下さり、ディスプレイとして置かれていたレモンを手土産に持たせてくれました。

16時ごろにホテルにチェックイン。醤の郷を散策しようと考えていましたが、フロントの方から16時ごろにはお店も大半が閉まってしまうとお聞きしたので、宿のお風呂を満喫することにしました。大浴場から露天風呂にはいったん外に出て階段を上っていくのですが冬の風が身体に冷たく当たります。露天にポチャンと入るとそこには蕩けるような天国がありました。

今宵の夕食はバイキング。このバイキングは絶対的に身体に良くありません。食べ過ぎてはいけないのは分かっていますが、気持ち悪いのに塩プリンのお替りをしている自分に少し情けなくなりました。


Dscn0027 Dscn0039Dsc_0005_2 Dsc_0017Dsc_0051 Dsc_0105Dsc_0031 Dsc_0052Dsc_0039 Dsc_0060Dsc_0068 Dsc_0075Dsc_0077 Dsc_0111Dsc_0114 Dsc_0128Dscn0094 Dscn0105Dscn0106 Dsc_0124Dsc_0151 Dsc_0131Dsc_0140 Dsc_0184Dsc_0143 Dsc_0156Dsc_0159 Dsc_0187Dsc_0164 Dsc_0177Dsc_0189 Dscn0116_2Dscn0125_2 Dscn0128Dsc_0190 Dscn0134Dscn0143 Dscn0172Dsc_0242 Dscn0181Dscn0177 Dscn0179Dscn0201 Dscn0209Dscn0234 Dscn0249Dscn0251 Dscn0263Dscn0264 Dscn0269

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

武庫川河川敷 -秋桜Ⅱ- 

Dscf0116

先日(10月23日)すでにとても綺麗な状況だったので、今日あたりはもう少し枯れている花が目立つかな?と思っていましたが、満開の状態でまだまだ綺麗でありました。キバナコスモスも元気いっぱい。その密度をさらに高めているように感じました。

こんな近くにコスモスの大草原が広がっていることに感謝です。

少し小高くなった場所に小さな折りたたみ椅子を広げて座ります。来る前に買い込んだ竹の皮に包まれたちまきを落とさない様に注意しながら頂きます。竹の皮にびっしりと張り付いたちまきたちを皮の中に顔を入れる様に上歯を使って剥がしていきます。こんなのが贅沢ですね。美味しいなぁ~♪

Dscf0065 Dscf0119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

熊野灘 

Dsc_0347

この2日間、激しい天気の移り変わりに翻弄されました。バイクで来ていたら涙が出る位辛いツーリングになっていました(それもまた楽し、なのですが)。フィットのお陰で濡れることもなく一眼レフも2台持参と荷物もギリギリまで少なくする必要もありませんでした。残念ながら三脚の出番もありませんでしたが、通行止めとなって行くことの出来なかった飛雪の滝へは、ぜひまたリベンジしたいと思いました。

熊野灘の海は荒れていました。台風が近づいているようです。和歌山や奈良は豊かな森や澄んだ川がたくさんあります。大きな被害が出ないように祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光泉寺 

Dscn0759

和歌山最大級の銀杏が古座川町にあります。

垂れ下がった気根が乳房と重なり『子授けイチョウ』と呼ばれ子宝にご利益があると云われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一枚岩 

Dscn0709

虫喰岩、牡丹岩を経由して一枚岩に向かいます。途中、バケツをひっくり返した様な雨に見舞われました。もう面白い位のもの凄い雨です。この岩は虫喰いの跡がありません。この岩に住んでいた犬が岩を食べる魔物から岩を守ったという伝説があります。

4月と8月の下旬、日没17時前の数分間だけ一枚岩に「守り犬の影」が浮かび上がるようです。いつか、その鳥肌が立つ様な物語の中に行ってみたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫喰岩 

Dscn0666

以前は無かった虫喰岩の道の駅。本当に可愛らしい小さな道の駅です。余りにも小さいので中に入って何も買わずに出てくるのが申し訳なく結局入ることが出来ませんでした。

人の顔にも見えてくる不思議な造形美です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧