2017年2月11日 (土)

気付くとバイクショップ巡り 

Dscf0095

甲東梅林に行った後の計画は白紙状態でしたがメーターを見ると千キロ台の数字『6』がオレンジの地の上に浮かんでいます。オイル交換の目安を教えてくれています。

そこでホンダドリーム神戸灘店へと向かいました。オイル交換と方向指示器のスイッチが調子悪かったので見て貰いました

その間、店内を廻っていると中古のクロスカブ(黄色)を見かけました。カブで始まりカブで終わる。ライダーはそんな宿命を負っている、僕はそんな思いを持っています。

オイル交換が終わり会計を済ますと思わずクロスカブとPCXのカタログを貰うように言葉が出ていました。

その後、他のバイクも見たくなって、西宮に戻るとレッドバロンとエナジーモータースタイル(中古の原付&125ccが充実)を廻ってみました。そんな中で思ったのはやっぱり気に入ったバイクが欲しい。でも盗難が怖い。そうだ、頑丈なチェーンロックが必要だ、と今度はドライバーズスタンド西宮2りんかんにも立ち寄ってきました。

地球ロック。バイクだけをチェーンで固定してもバイクごと盗られることになります。建物等固定物との組み合わせが最低限必要となります。それでも100%の絶対安全はありません。

思いだけがなぜか空回りしています。一度カブを盗まれている場所に再びカブを置くこと、それがどんなリスクを負うものか、もう少し考えてみたいと思います。

Dscf0098 Dscf0130Dscf0116 Dscf0115Dscf0121 Dscf0126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲東梅林 

Dscf0069

今は一台だけとなったバイクの相棒であるTODAYと一緒に甲東梅林に行ってきました。まだ固い蕾だけの木もあれば6,7分咲きの木もあります。全体的には3分咲きという感じです。

小さな駐車場は隣接する施設を利用するお年寄りの集まりの為満車状態でした。僕はバイクでしたので入り口間際の片隅に止めることが出来ました。

梅林を散策する人は2,3組だけでガラ空きの状況でした。もう少しすると満開の梅たちを観ることができます。春の訪れを近くに感じます。

Dscf0004 Dscf0017Dscf0028 Dscf0035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

JR福知山線廃線跡 

Pc250147

2016年11月15日に西宮側ルートが整備されハイキングコースとして一般開放されたJR宝塚線(福知山線)廃線跡を歩いてきました。JR西日本の私有地として立ち入ることは禁止されていましたが「赤信号みんなで渡れば怖くない」方式で多くのハイカーが立入りJRも黙認する形となっていたようです。

それが公認されたとのことで正々堂々と気持ちよく歩くことが出来ます。歩いていると「落石注意」の看板があちらこちらに立てられています。西宮市もJRから無償で当該地の一部を借り受けており、自己責任が原則との立場を強く打ち出しています。JRも西宮市も責任は利用者にありとおっかなびっくりの様子が伝わってきます。

当初はJR生瀬駅付近にバイクを置いて廃線跡を歩いてJR武田尾駅から電車に乗って戻ってくる予定でした。ところが生瀬駅付近にバイク置場がみつかりません。仕方がないので生瀬側の廃線跡入り口を見つけようと目星をつけた場所をTODAYで探し回りますが全然ダメであります。心が折れそうになりましたが、ここで諦めるのも癪なのでJR武田尾駅へと向かいました。

武田尾駅直下の駐輪場(原付200円/回)にバイクを置いて何度かアクセスしている廃線跡入口へと向かいます。入り口は現在工事中で少し迂回していきます。

高低差は殆どないので歩き易いのですがいくつかあるトンネルの内、2本がまったく光の届かずに懐中電灯が必携となります。僕を抜かして軽やかに進んでいた方がトンネルの壁を手探りに動けない状況となっていました。声を掛けて一緒に歩を進めていきます。

その方はかつてこのトンネルを通る汽車にも乗ったとお話ししてくれました。1986年JR宝塚線の複線電化に伴い4.7kmの線路が廃線となるまで実際に使われていた線路です。大昔のことでなくすぐそこの30年前の出来事です。そんな風景をココロに思い浮かべながら歩いていると少し風景が変わって見えてきます。

この日の相棒はオリンパスPLー8です。チャンチャンと軽いシャッター音が心地よく感じます。でも露出補正のボタンを知らぬ間に押しておりこの日撮ったすべての写真が露出オーバーとなってしまいました。簡単に補正が出来ることは良いのですが誤ってボタンを押してしまい易いことはいけません。この辺の頃合いが難しいのですがそれが満足できるレベルにあるものが良いカメラなのだと思います。掲載写真は全て調整を行っています。簡単に補正できるのがデジタルの良さです。

Pc250022 Pc250026Pc250037 Pc250042Pc250046 Pc250050Pc250063 Pc250069Pc250071 Pc250079Pc250080 Pc250094Pc250088_2 Pc250100Pc250101 Pc250109Pc250114 Pc250118Pc250123 Pc250128Pc250153 Pc250180Pc250202_2 Pc250227Pc250238 Pc250252Pc250254 Pc250270    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

はなてん 

Dscf0005

500円券がタブロイド判の地域紙に掲載されていました。ラーメン(今回はとんこつ760円)にトッピング一種(同ネギ大)が500円ポッキリです。

こんな時にしかお店に行かない僕ですが今日も気持ちよく迎えてくれました。海苔のトッピングはサービスです。たくさんの海苔を乗せて汁にしたすとまた素敵なお味となります。

今日は大好きなニンニクの使用を控えました。だからちょっぴり満足感が欠けるものとなりました。残念。今日が土曜日だったらニンニク大盛りだったのになぁ。。

Dscf0013 Dscf0018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

関西文化の日 

Pb200112

(上掲写真は「谷崎潤一郎記念館」にて)

2016年は11月19日(土)と20日(日)が関西文化の日のイベントピークの週となっています。対象エリア内の多くの美術館、博物館が無料となる太っ腹企画です。

白鹿記念酒造博物館(400円・写真○) 辰馬考古資料館(200円・○) 虚子記念文学館(500円・写真×) 谷崎潤一郎記念館(300円・×) 芦屋市立美術博物館(300円・×) 俵美術館(600円・◎) 滴翠美術館(620円・×) 西宮市貝類館(200円・○) 笹倉鉄平ちいさな絵画館(300円・×) 頴川(えがわ)美術館(600円・×) 以上巡回順。合計10館(4,020円)を訪ねてきました

これが全部無料となります♪

天気予報は晴れの筈がどんよりとした今にも泣き出しそうな空模様です。途中、パラパラと雨が降ってTODAYのシートを濡らしていました。でも最後までレインコートを着ることも無く廻りきることができました。

多くの館を効率よく廻る為にどうすれば最短距離で行けるかをシミュレートします。その結果が上記の行程です。10時の開館ちょっと前に白鹿記念酒造博物館に到着。陶器まつりも同時開催の様です。しっかりと酒造りの工程が分かるように工夫されています。

辰馬考古資料館では迷子になって道を訪ねた方がすぐ近くに住んでいる方でしたが一度も入ったことが無いと言われるので、今日はタダだから是非見物してくださいと情報提供。とても感謝されました。でも看板などを出して無料を大きくPRしている先とそうでない先とがあります。辰馬はまったくその気配すら感じることが出来ません。ご近所の方が知らないのも仕方ありません。

虚子記念文学館。受付の方がとても親切で優しくてお茶目です。『ホトトギス』がいまでも発刊されているを知りました。嬉しい驚きでした。

谷崎潤一郎記念館。痴人の愛から知る谷崎の世界。同時開催の若手女性写真家の感性が僕の心に共振します。入り口のモミジが綺麗でした。

芦屋市立美術博物館。今回の中で一番大きな規模を誇ります。前衛美術家の吉原治良氏の作品展を開催していました。

俵美術館。矢立。昔の携帯筆記具です。よくぞこれだけ集めたと思い、帰り際、受付の方にお聞きすると、最初は古物商を廻る、そうする内に顔馴染みになった古物商が教えてくれるようになると教えてくれました。どうやらここの館主さんだった様です。相当数の展示品数に感心しているとこの100倍ほどの品がバックヤードにあるそうです。畏れ入りました。また上記訪問一覧先写真可否マークが俵美術館だけ二重丸を付けていますが、これは僕がカメラをぶら下げているのを見た館主さんが「もうドンドン撮ってください」とこちらがお聞きする前に仰って下さったからです。こんなことがとても嬉しく感じます。

滴翠美術館。山口銀行(のちの三和銀行、現東京三菱UFJ銀行)頭取の山口吉郎兵衛氏の住宅です。銀行合併を機に財界を離れ焼き物や骨董品に没頭されその品々を展示しています。茶道具の素敵をまだ分からない僕にはまだ来るのが早過ぎたようです。滴翠は氏の雅号です。建物の中から見た紅葉は見事でした。ここまでのアクセスは阪急芦屋川から北進したのですがすごく分かりずらいです。犬を散歩に連れていたご近所の方にお聞きしましたが、幾度となく道を聞かれているようで以前には車で送って連れて行ってあげたと言われていました。それにしても大きな立派な家が多くありました。別世界が広がっていました。

西宮市貝類館。入り口で沖縄の貝をプレゼントを頂きました。世界のカタツムリ展を開催中。

笹倉鉄平ちいさな絵画館。本当に可愛いい美術館です。中に10人も人が入れば身動きが出来なくなります。

頴川(えがわ)美術館。旧幸福銀行頭取頴川徳助氏により設立された。水墨画や茶道具などが展示されていますがそれらに全く疎い僕はあっという間に全点制覇。入り口で受付している人に顔を合わすのが恥ずかしい位でした。

こんな機会がなかったら一生行かなかったであろう美術館や博物館がありました。それだけでも本当に有り難い企画です。感謝。


Pb200236 Dscn0118Pb200044 Pb200024Pb200060 Pb200062Pb200075 Pb200078Pb200096 Pb200098Pb200120 Pb200127Pb200141 Pb200144Pb200186 Pb200161Pb200197 Pb200210Pb200220 Pb200222Pb200231 Pb200230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

甲山森林公園 

Pb061057

関学の裏手から上ヶ原の浄水場に抜けると甲山森林公園の入り口があります。正門とは違いひっそりとした雰囲気です。少しだけ中に入って軽登山と書かれた標識に沿って歩いて行きます。橋を渡り階段を上っていくともう誰も居ない世界に入っていきます。再び急な階段が目の前に現れたらすかさず退散です。

切株たちが年輪とは違う不思議な模様を見せてくれていました。

Pb061048 Pb061053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新月祭Ⅲ 

Pb061013


「魔法って言っていいかな?」 平井堅

https://www.youtube.com/watch?v=biljO0GOIoM

 大袈裟な事は何も出来ないけど 君を笑顔にする魔法はいくつか持ってるんだ


「and I...」 ももちひろこ


https://www.youtube.com/watch?v=moosGqCiBn0

 わがままばっかりで ごめん 優しくできなくて ごめん 
 ガマンをさせてるよね ごめん うまく言えないな ごめん

図書館前の広場から優しい歌声が聴こえてきました

アカペラグループの4人組です。向かって右側の彼が3年生で、他の3人が4年生です。

たくさんの複雑な想いを抱えている時、優しい言葉は心に深く深く沁みてきます。彼らの歌声、そして歌詞を聴いているとファインダーが少し滲んできました。

出番を終えてバックヤードで記念写真を撮っていた楽しい時間にお邪魔して、お聴きした歌が上掲の題名の歌と歌い手さんだと学園祭のパンフレットの裏に書いて教えて貰いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新月祭Ⅱ 

Pb060798

土日は晴れの予報でしたが今日の空はどんよりとしています。DSCのエンジンを掛けようとプチツーを考えていましたが急遽予定変更。関学の学園祭へと行ってきました。

動きものであるダンスを撮るのに新メンバーに加わったPL7がどれ位の実力を発揮してくれるかを試してみようと思いました。もちろん電子ビューファインダーVF-3装着バージョンで臨みます。

暗い室内で舞台を照らす照明、条件は結構厳しいものがあります。D7000の時はISOを6400まで上げるのですが、PL7ではオートにしたままでした。その設定の所為か歩留まりは良くなかったものの決まる時は決まり、適当なブレも好ましく感じるものでした。

なかなか頑張ってくれる好印象が残りました。あとはいろいろな設定を試して真の実力を発揮させてあげるのが僕のミッションとなりました。

ただまだ慣れないのがズームの回転方向です。望遠にしたり近景にしたりする回転の方向がニコンと逆なので望遠としたいのに電動のズームが動いてくれなかったりします。筒胴に手を当てながらその動きからズームを感じ取る様にしたり努力するのですがすぐには直りません。こればかりは慣れるより他ないようです。

ヒップホップを中心に活動する関学一小さなダンスサークルと自己紹介がありました。最初のダンスは1回生だけだと隣でビデオを撮られていたチームメートの方に教えて貰いましたがとても上手でびっくりしました。若い人たちが自分の好きなことを一生懸命にすることは、それを見る側も嬉しくなってきます。


Pb060004 Pb060986Pb061022 Pb061025Pb060015 Pb060040Pb060177 Pb060183Pb060207 Pb060269Pb060273 Pb060275Pb060361 Pb060366Pb060402 Pb060472Pb060473 Pb060476Pb060522 Pb060552Pb060624 Pb060630Pb060670 Pb060680Pb060828 Pb060844Pb060888 Pb060924Pb060952 Pb060961

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

新月祭 

Pb030182

船坂からの帰り道、関学の前を通ると随分と人と車が出ていることに気付きました。どうやら学園祭の真っ最中。50ccのみ関学の駐輪場に置くことができるのでTODAYを置かせて貰ってお邪魔しました。

でももの凄い人波です。その中に居たら急に嫌になってしまってクルッと廻って帰ってきました。上掲写真はオリンパスPL7で撮ったお気に入りの一枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西宮船坂ビエンナーレ2016 

Pb030081

2年に一度のアートの祭典。今年も船坂にやってきました。でも前回は近所の田畑も利用した広いエリアで展開していましたが今年は随分とこじんまりとしたものとなっていました。

ちょっと元気が無くなった様に感じました。素敵なイベントです。元気に長く続くことを願っています。

Pb030002 Pb030006Pb030003 Pb030013Pb030010 Pb030015Pb030020 Pb030022Pb030026 Pb030045Pb030038 Pb030043Pb030052_2 Pb030053Pb030062 Pb030087Pb030088 Pb030102Pb030114 Pb030120Pb030125 Pb030130Pb030132 Pb030152Pb030160 Pb030165Pb030169 Dscn0018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧