2017年2月12日 (日)

富士通 スキルアップセミナー (工事中)

P2120028

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

モニター用保護フィルム 

Dscf0018

エディオン(旧ミドリ電化)で5年前に購入したニコンS8200。エディオンカードで購入すると5千円以上の製品には5年保証が自動付保されます。そしてメールにて保証期間が終了間際であることを案内してくれます。これはとても親切。

1年ほど前から十字キーが不具合を起こしていましたが長期保証が1月27日に切れる前に再度(以前にも持込みしたが不具合再現せずでそのまま戻ってきた)診て貰うことにしました。

結果、こちら側の言い分を認めてくれてモニター画面全体を取り替えて下さいました

ところが・・・・・

当然ながらモニターに貼っていた保護フィルムは新しく交換された側には付いていません。旧から剥がして貼り換えることも可能ですが旧にあるフィルムも左下部分が浮きかけており新調することにしました。

そこでネット検索。5年前のデジカメです。しかもそこに貼るフィルムなどもうないかな、と思いましたが流石にネット社会です。バンバンとヒットします。800円前後の値段が付けられています。唯一、『10円』とウソのようなお値段をアマゾンで見つけました

残り2個とのことだったので全部買い占めました。本日、ポストへとヤマト運輸さんが届けてくれました。不具合なく貼り付け完了。今カメラの裏側(だけ)は新品状態です♪   


   
注文日:2017/01/22

   

   
   

HAKUBA 液晶 保護 フィルム     Nikon S8200 DGF-NCS8200 - 2 
    Camera

                                             
   
   

10

   
 
                                                                                                                                           
   

商品の小計:

   
   

20

   
   

配送料・手数料:

   
   

470

   
   

注文合計:

   
   

490

 
 

Dscf0004 Dscf0006Dscf0007 Dscf0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

しまだいギャラリー 

Dscf0177

明治16(1883)年建築の町家が御池の会場となっています。昨日とは違い、椅子席が用意されておらず和室に座布団が並べられています。最後列に壁を背中にして足を伸ばして座っているとスタッフの方が座布団代わりにと毛布を手渡してくれました。

ここではモーターサイクル写真の第一人者である小林稔氏、風景写真の大家である萩原史郎氏の講演を聞かせて頂きました。

富士からは開発担当者の方も参加されていました。最新機のGFXは画素数5000万超のスペックを有しています。それでも写真の出来は画素数だけでなく、画素数と信号処理、そしてレンズ性能の3つがあって初めて可能になるとのお話しは納得でした。

また超一流カメラマンである小林氏が殆どカメラのオート機能に頼っているとお話しされていたのも印象的でした。殆どの場面で人間はメカに追いつかない、頼る部分は大いに頼ったらいい。そんな割り切り方がカッコ良かったです。


P1220691 Dscf0174P1220697 P1220700P1220713 P1220717P1220721 P1220751P1220735 P1220736P1220745 P1220758

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

FUJIKINA 2017 京都 

Dscf0136

富士フィルム主催の写真イベントがこの土日に京都の3ヵ所で開催されます。折角の京都と云うことで宿を嵐山にキープし京都の町を楽しむことにしました。

『ASPHODEL(祇園四条) センターファインダースタイルの世界』

『しまだいギャラリー(烏丸御池) 大フォーマットの世界』

『ギャラリー祥(清水道) レンジファインダースタイルの世界』。

初日に四条、2日目に御池と清水の会場を訪ねる予定です(実際には2日目は御池のみとなりました)。写真ギャラリーや新製品のタッチ&トライの他、プロ写真家によるトークショーもあります。

四条では椅子席最前列で、藤里一郎:ポートレイトとX-T2、並木隆:小さな万能カメラ、Mindy Tan:小型カメラだからこそ撮れる世界、稲垣徳文:旅カメラの選び方の4つのトークショーを連続もので楽しんできました。

中でも藤里プロは女性写真をたくさん撮られてるだけにお話しがうまく参加者も藤里ワールドに引き込まれていました。鎌滝えりさんのポートレート写真を題材に講演を行った後、実際に元クラシックバレリーナの南羽真里(なんばみさと)さんを撮る中でそのココロを伝えてくれました。

会場を埋め尽くす参加者のおじさんたちは黒っぽい服を着ていたので南羽さんの登場は正に肥溜めに鶴状態でありました。現役モデルの南羽さんは藤里さんがずっと叫んでいらした「可愛いなぁ~」のお言葉に集約されます。

Dscf0099 Dscf0114Dscf0138 Dscf0117Dscf0137  Dscf0144Dscf0143 Dscf0147 Dscf0122 Dscf0130P1210021_2 P1210039P1210063 P1210078P1210081 Dscf0139_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

靭(うつぼ)公園

Pa220212


オリンパスのイベントの合間の時間に靭公園まで行ってきました。想像以上に多くの人たちが昼下がりの午後を楽しんでいました。

PL-7のアートフィルターは全14種。そこに雰囲気や効果を追加できます。ただし、撮影時のみ。オリンパスはこの辺の絵作りに結構力を入れているようです。

僕のお気に入りは『ヴィンテージ』と『ノスタルジック』です。

取説には次のような記載があります。

『ヴィンテージ フィルムプリントの変色や退色など日常のひとコマをノスタルジックなヴィンテージ調に表現します』

『クロスプロセス 不安定で非現実的な雰囲気を表現した画像となります』

中でもヴィンテージの雰囲気変更TYPEⅡが琴線に触れました。ちょっと嵌りそうな気配。


Pa220134 Pa220148Pa220164 Pa220172Pa220168 Pa220170 Pa220184 Pa220179_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化祭!inオリンパスプラザ大阪 

Pa220126

13:00~14:30

むらいさち・川野恭子『OLYMPUS PEN-F×TORIPPLE Vol4』発売記念トークショー
写真家 むらいさち、川野恭子

15:30~17:00

フォトルージュ10周年記念トークライブ
写真家 田川梨絵、クキモトノリコ、川野恭子、むらいさち

いつ泣き出してもおかしくない空模様なのでバイクでの放浪の旅は諦めてここは新しく仲間入りしたオリンパスPL-7のことをもっと知ろうとオリンパスプラザ大阪へと行ってきました。

プロ写真家のトークショーとトークライブが開催されます。行ってみて驚いたのはニコンのそれがおじさん一色なのにオリンパスは女性が8割を占めていました。どうやら本日のイベントは女性をターゲットとした企画だったようです。

ちょっと衝撃だったのが白川郷を撮った時のむらいさちさんのコメント。「茶色の白川郷でなく可愛い白川郷を撮りたい。」 誰が白川郷を可愛くなんて思うのでしょうか。その独自の発想や視点にプロを感じました。

気になっていたオプションの電子ファインダーを試してきました。VF-4の見易さはダントツでしたが如何せんデカ過ぎてPL7にセットすると不恰好極まりません。これは予想できたことです。確認の目玉はVF-3の見易さと使用勝手とカッコよさの3点です。価格コムでは厳しい意見もありましたが実際に覗いてみて僕の中では『合格』。

家に戻ると早速オリンパスオンラインショップから購入の手続きです。商品登録時に4000数百ポイントを頂戴しています。ただ購入金額の15%を上限としてしかポイントは使えません。

結局、VF-3オンライン価格11,232円、1,685ポントの割引、実支払額9,547円也

ショールームのPLー7に着けた雄姿が下左の写真です。ロック機能も付いた優れものです。

Pa220130 Pa220217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

OLYMPUS PEN PL-7

Dscn0019

昨日アマゾンへ注文したモニター用保護フィルムと保護フィルター(2種)が本日到着(3点計5,799円)したので早速装填装着をしました。フィルターはゴミが舞わない様にして素早く装着すればOKですが、フィルムは結構緊張します。空気やチリが中に入ると面倒です。息を殺して慎重に対応します。事前に左右上下にどれ位空きを作れば良いかを演習して本番に臨みます。

kenko液晶保護フィルム液晶プロテクター 793円

MARUMI DHGスーパーレンズプロテクト37mm保護用シルバー 2,641円

MARUMI DHGスーパーレンズプロテクト58mm保護用ブラック  2,365円

明日はヨドバシへと依頼した交換用予備バッテリーが到着します(こちら側の手違いで本日到着ならず)。

BLS-50 リチウムイオン発電地 5,360円(ポイント536円)

段々と僕色に染まっていきます。それにしてもカメラもレンズも軽すぎる位軽いのが衝撃的であります。大きいから、重いから、が理由に持ち出さないことが無くなります。

本日PL8の発売発表(2016年11月下旬発売予定)がありました。でも僕の中ではフォルムはPL7に軍配。しかも圧倒的に。さぁ、気持ちよく楽しく使いこなしていきたいと思います。

Dscn0006 Dscn0009Dscn0011_2 Dscn0020Dscn0022 Dscn0013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

ふるさと納税

Dscn0011

長野県上伊那郡辰野町から『ふるさと納税』のお礼の品が届きました。オリンパスの辰野事業場がある関係からセレクトされた特産品?です。ふるさと納税のポータルサイトからは今は電子機器などは探し当てることが難しくなっています。お国の指導で特産品に相応しくない商品券や金券と同様にカメラなども簡単には探せない仕組みになってきています。

『ふるさと納税 ○○○』と自分の欲しい品を検索するとウェブにて簡単に情報が取れます。あとは当該市町村のHPにアクセスしてダイレクトに申し込みをすればOKです。

オリンパスのサイトではPL7の生産が追い付かず販売提供が遅延しているとの情報があったのでまだまだ先かなと思っていた矢先のプレゼントに嬉しさが倍増です。

まだカメラ本体やレンズは着ぐるみの中にいます。モニターやレンズに指紋が付かないように保護フィルムや保護フィルターを購入しなければなりません。あとは交換用バッテリーも必要ですが定価で7,000円とびっくりする程高額です。

これで一眼レフカメラ(ニコンD7000、ニコンD90)、ミラーレスカメラ(オリンパスE-PL7)、プレミアムコンパクトカメラ(富士フィルムX20)、コンパクトデジタルカメラ(ニコンS8200)とラインナップが揃ってきました。後はフラッグシップ(D810、D500、いまなら)とそれに相応しい大三元レンズ3種かな~(夢の夢の夢)。

Dscn0008 Dscn0015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

SO.ON project 

Dscf2306

心斎橋のアーケードを冷やかしながら道頓堀橋までやってくると賑やかな声が聞こえてきました。『大阪ミナミ夏祭り2016&にぎわいスクエア』が開催中でした。ステージの向かいにはカメラマンがびっしりと並んでいます。彼らの殆ど全てがSO.ON project のファンの方達であることはそのステージが始まる前から伝わってきました。

どうやら僕はその真っ只中に飛び込んでしまったようです。SO.ON project とはエンターテインメント業界から誕生した学校『大阪スクールオブミュージック高等専修学校』に通い同じ授業を受けているリアル女子高生によるアイドルユニットです(公式HPより)。

いつもは撮影禁止となっているようですが今日は全面解禁ゆえファンの方達もこの貴重な機会を逃すまいと一生懸命となっていました。彼女たちもいっぱい写真を撮って拡散してくださいとPRしていました。

リアル女子高生の歌と踊りはパンチとパワーがあって元気をたくさん貰いました。

Dscf1062 Dscf1071Dscf1077 Dscf1079Dscf1085 Dscf1088Dscf1124 Dscf1153Dscf1167 Dscf1225Dscf1240 Dscf1241

Dscf1185_2

Dscf1317_2

Dscf1688

Dscf2035

Dscf1396 Dscf1634Dscf1548 Dscf1479Dscf1518 Dscf2076_2Dscf1827 Dscf1557Dscf1613 Dscf1639

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X20 ~復活編~ 

Dscn0007

本町にある富士フィルムの大阪サービスステーション(SS)。

電話でお聞きした時には修理費用4or5千円、3,4日の所要日数となる(ただし、正確には実物を見てから)とお聞きしていましたが、SSで診て貰うとなんと無料で、しかも10分ほどで対応してくれました。接着剤で着けていたと思っていたゴムは強力な両面テープで着けているとのことですぐに使っても問題はないとの由。

折角SSに来たのでフラッグシップ機を無料レンタルさせて貰います。富士フィルムさんは太っ腹で当日中であればカメラボディもレンズも無料で貸し出してくれています(ただし在庫限り)。この日は係の方もお持ちになっているというXーPro2と、レンズはXF18-135をセットで借りました。レンズは本当のお勧めは単焦点でしたが難波へ繰り出すのに自由が効くズームを選択させて貰いました。買えば全部で30万円ほどのセットです。落としたりした場合には弁償しなければなりません。大事に大事に扱います。

インプレッション:D7000の3倍ほどもある1枚当たりのデータ容量。16GBのSDはソーオンプロジェクトのメンバーの素敵の所為もありますがすぐに一杯となってしまいました。カメラは良いボディと良いレンズの組み合わせで最高のパフォーマンスが発揮できることを改めて確認と確信をすることとなりました。X20ではトリミングの拡大表示は検討外でありましたがPro2では十分に対応可能でありました。D500に傾いていた僕でしたがD810へと再び引き戻されています(でも買わない、買えない・・)。

Dscn0005 Dscf1055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧