2014年8月31日 (日)

第8回にしきた音楽祭 LALALAミュージシャンコンテスト’14!

Dsc_0147

最近の音楽コンテストの審査員さんはもの凄く厳しいのです。でもその正確な指摘はミュージシャンの為でもあるのです。

8歳の女の子と雖も例外ではありません。後半に盛り上がっていくタイプの人は最初の歌い出しに十分気を付けないといけない。また、言葉が伝わらなければ心が伝わらない

言葉を届けることの重要性は彼女も含めその後の何人もの出場者さん達が指摘を受けていました。

他にもマイクを通して音楽は審査される。いくら生音が素晴らしくても観客や審査員にはマイクを通してしか伝わらない。マイクの使い方の重要性も説かれていました。素人の僕にも大きく頷くことの出来る具体的なアドバイスがいくつもありました。

いつもはアマチュアレベルを超えたゴスペルの人達も音がバラバラ、メインのマイクに合わせる(?ちょっとこの辺りは素人の僕には難しかった)ことが出来ていない。練習と本番は違うこともあるので修正しながらの対応も必要。

ドラムの音が大き過ぎる。ドラムをやりながら歌を歌うとマイクがドラムの音を拾って声を聞こえなくしている。等々。

それでも8歳の女の子には作詩もしてこういう舞台で歌うことが出来ることは素晴らしいと。またママさんコーラスの方々には想像を裏切る出来栄えであったとちゃんと褒めるところは押さえておられました。

結局、この日の予選で決戦に進むことが出来たのは8組中一組だけでした。小さいお子さんを3人残して奥さんが亡くなり子供達を育て上げた後、定年後弾き語りを始められた三瀬博司さんでした。

普通に語り掛ける様に歌われます。今流行の声を張り上げることも無く淡々と。審査員の心をしっかりと掴まれたようです。

冒頭写真はゲスト出演の前回入賞者『LIKALIFE』さん。http://ameblo.jp/likalife-maco/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

ROYAL comfort 

Dsc_1833 

http://royal-comfort.net/

6組中、トリを飾るのはROYAL comfort。男性三人組みです。それぞれの個性が素敵にコラボしていました。最前列の端っこが空いたのでそこに座って撮影となる予定でしたが「みんな、立ち上がって~」との掛け声がステージからありました。お陰で見上げる様な撮り方にもならずフリーポジションに近い感じで撮ることが出来ました。

パワフルでソウルフルな歌声に客席の人たちもノリノリでした。全国区の予感を感じる彼らでした。

Dsc_1281 Dsc_1337
Dsc_1396 Dsc_1501
Dsc_1507 Dsc_1569
Dsc_1573 Dsc_1713
Dsc_1765 Dsc_1692
Dsc_1818 Dsc_1882
Dsc_1914 Dsc_1931

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岡本愛美 

Dsc_0291

この舞台に立つために歌手「岡本愛美」さんは頑張りました。8月から毎週4組の歌い手がステージに立ち、投票結果の上位6組(人)だけが今日の日を迎えることが出来るからです。

愛美さんはその中で6,598票というトップ投票数を獲得。その一票一票の想いをしっかりと受け止めて感謝の心を歌声に乗せて届けてくれました。

サンタクロースの衣装も可愛く一足早いクリスマスプレゼントを頂戴しました。

歌い終わってからもたくさんの人が愛美さんの周りに集まっていました。今日は遠くからそっと応援です。

http://spec-2011.jimdo.com/okamotoemi/

今のままじゃいけない・・・ それをご自分でちゃんと認識している愛美さんがいます。簡単で楽な道なら誰でもが歩けます。自分の描く未来に近付くために苦しく厳しい道を敢えて選んで一歩ずつ進んでいきます。

Dsc_0059 Dsc_0056
Dsc_0296 Dsc_0305
Dsc_0364 Dsc_0433
Dsc_0490 Dsc_0495
Dsc_0519 Dsc_0611
Dsc_0680 Dsc_0691
Dsc_0780 Dsc_0367
Dsc_0813 Dsc_0822
Dsc_0826 Dsc_0860
Dsc_0899 Dsc_0952

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワライナキ 

Dsc_0015 

http://warainaki.com/

会場であるJR大阪駅「時空の広場」に着くと素敵な歌声が聴こえてきました。真正面のポジションは既に黒山の人だかりです。そこで舞台右に回り込み立ち位置でステージが見通せる場所を確保します。それでも後ろの人を鑑みない人たちが時折立ち塞ぎます。そんな時は周りの人たちが立ち退く様に注意してくれ何とか視界を確保できました。

サカイ引越センターや高須クリニックのCMソング等、どこかで耳にした曲を歌っているお二人です。

Dsc_0019 Dsc_0026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

宮藤晃妃 

Dsc_4084

14thグランプリを受賞した宮藤晃妃さん。そんな彼女もその前のJAZZ VOCAL QUEEN CONTEST では一次審査も通らなかったそうです。

http://miyafujiaki.himegimi.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋リエ 

Dsc_3447

世界を視野に活動されている高橋リエさん(10th準グランプリ)。僕みたいな素人にもそのスケールの大きさは感じることが出来ました。

http://www.rietakahashi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塚崎優子 

Dsc_2536

幼稚園の先生を経て今もECCジュニアの講師をされているという異色の経歴を持たれています。生徒さんたちはこんなスーパー先生を知っているのでしょうか。

塚崎優子(14th本戦出場)

http://blog.goo.ne.jp/yukotsukazaki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

satoko 

Dsc_1942

新開地冬まつり2013

餃子の王将の隣に造られた特設ステージでは神戸新開地 JAZZ VOCAL QUEEN CONTESTで出場入賞された方たちの凱旋ライブが行われました。

satoko(14th NHK神戸放送局長賞) 

http://www.satomoon.com/news.html

ピアノ朱恵仁さん、ベースzingoroさん。お二人は違う個性ながら音楽を楽しむ共通項を通じ女神たちを大いに盛り上げてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嶋洋平 

Dsc_1805 

その人の歌には『魂(たましい)』を感じる、という人がいます。嶋洋平さんもそんな歌い手さんのひとりでした。

僕の後ろのおっちゃんが「新開地メロディ」と即興のお題を出してすぐさま歌をアレンジ。天才だ、この人、と思った瞬間でした。

おっちゃんも良い味出していましたが、それを丁寧に受け答えながらもピシッと仕切るところはプロを感じました。

http://ameblo.jp/sima-yowhey/entry-11529470171.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)