2006年11月12日 (日)

高野山お礼参り

一週間後となってしまいましたが別格も無事に参らせて頂いたお礼をしに高野山に行きました。相棒は勿論DSCです。昨日は雨が時に強く降るバイクで出掛ける等は考えにくい天気でしたが、今日の予報は曇り時々晴れ、大丈夫そうです。

西宮→西宮宝塚線(114)→2号→尼崎→43号→弁天町→29号→堺→310→狭山→170→371→橋本→24号→橋本橋→371→高野山(金剛峰寺&奥の院)→480→370→学文路→南海高野線学文路駅→371→170→310→29→43→西宮

大阪と和歌山の県境に紀見峠があります。その長いトンネルを抜けると右手にセルフのガソリンスタンドが見えてきます。ここはドドールコーヒーのお店が隣接してガソリンの精算も店内で行ないます。店内の暖かさと綺麗なトイレがいつもここを利用する理由です。でもこの辺から空模様が怪しくなってきます。しっかりした雨が降ってきます。天を仰ぐと所々は青空も見えていますので早くあの下に行きたい、と思いながら走ります。結局、帰りもこの辺りで雨に降られました。峠の地形が関係しているようです。

_p1000629 橋本に着く前に『高野山へは370号線を利用しましょう』と看板が掛かっています。僕は371号が好きなのでそちらに向かいます。371は所々が土砂崩れ等の為工事が入っています。でも今日の日曜日は工事がないため通行止めの看板にも『本日通行可』とあります。でも途中の看板は通行止めのままだったので高野山に着くまではヒヤヒヤしました。山があって川がある風景がずっと続きます。驚くくらい真っ赤に染まったもみじや朝日の中にキラキラする黄色のもみじにDSCは自然とゆっくり走ります。昨日の雨ででしょうか、道には枯葉や枯れ枝、石ころが散乱しています。一度だけフロントが滑って心臓がキュッとなりました。あぶないあぶない。トンネルと抜けるとすぐに高野の町です。

今日は金剛峰寺に納経して頂きます。参道に真っ赤なもみじが綺麗です。でもまだ日が射していないので少し黒く見えます。日曜日は8時半から受付開始とあるのでその間に近くをカメラを持って散策します。今日はここ高野でクラシックカーの催しがあるみたいです。2006年なんとかんとかと書いてある丸く大きなステッカーを貼って爆音を立てて何台もの車が走っています。最初はその煩さから町の人は迷惑しているのだろうな、と思いましたが行きかう人やご住職までが手を振っています。そして車に乗っている人達も手を振り返しています。町をあげてのイベントみたいです。_dsc_0191_2

時間になり靴を脱いで納経所に向かいます。僕の前の方はお軸に朱印を頂いています。親父さんと娘さんです。聞くでもなく耳に相談事が入ってきます。どうも嫁いだ一人娘が親父さんの所有物であるお軸を貰ってもいいか、というものでした。正解→もちろんOKです。暫く回りを見渡しながら相談の終わるのを後で待ちます。僕の番が回ってきます。僕も疑問に感じていることをお聞きしました。

Q1.四国88ヶ所は奥の院、西国33ヶ所は金剛峰寺とありますが四国別格20ヶ所の際はどちらで納経して頂けばいいのですか?  A1.どちらでも構わない。お大師さんはひとつ。どちらも変わらない。

Q2.御姿は頂けないのですか? A2.ここ金剛峰寺、奥の院とも四国霊場では番外であり、従来お遍路さんは四国の中をずっと回っていた。近年交通機関も発達してここ高野山へのお礼参りがされるようになったがそれまではこのようなことはなかった。故にお姿は無理におそろえする必要はない。またもしどうしてもというなら金剛峰寺も奥の院も同じお大師さんなので奥の院で揃えられたらいい。

僕は結局、納経帳にその名の記載があった金剛峰寺さんで納経してもらいました。またお姿はこれもお聞きしたのですが僕の気持ちが納まるようにしたらいいと言って下さいましたので両方でお揃えさせて頂きました。少し大きい形状をしていますのでお姿を入れる帳面には入りません。カラー300円、モノクロ200円です。他のお姿と同じようにモノクロを頂きました。_p1000656 _p1000650 _p1000686 _p1000646 _p1000689 _p1000682

金剛峰寺でお参りを済ませて次に奥の院へ向かいます。どなたかが落とされたのでしょう、参道入口にお経のペンダントが灯籠に掛けられていました。落とし主が見つかりますように。。

ここの空気はなぜか違う空気のように感じます。見上げるような霊木に圧倒されます。歴史が作った人類の遺産がここにあります。御廟橋にはお大師様が迎えに来てくれています。そしてお参りを済ませるとここまでお見送りして下さいます。御廟では住職の読経が響きます。天空の声を聴くようです。護摩を焚く炎が揺らめきます。もう自分が居なくなってしまいそうです。そののちお大師さんのお膝元の地下霊堂に御挨拶をして納経所によりお姿を頂きました。_dsc_0132 _dsc_0111 _dsc_0149 _dsc_0162_5

DSCを停めている駐車場に戻るとそこはもう車で一杯になっています。DSCの周りにはバイクが沢山置いてあります。大阪から来たバイク乗りのふたりの兄さんたちも371をヒイコラしながらやってきたそうです。この後龍神温泉にスカイライン経由で行く予定だったが道には雨が残っていて少し心配でどうするか迷っているとのことでした。まだ下界では紅葉は色づき始めたばかりですが、ここ高野山ではいまが見頃を迎えています。ライダーたちは高度1000mの紅葉ロードを求めてここに集合しています。

僕も一人のライダーとして大いに心惹かれるものがありますが、今日はお礼参りです。あれもこれもとしたくない気持ちの方が強くあります。奥の院さんからDSCに乗って帰路につくことにします。370を時計回りに今度は九度山に向かって降りていきます。反対車線はこれから高野山に向かう車で所々渋滞になっています。途中、白衣を着た自転車を押して坂道を登って行く遍路さんがいらっしゃいました。御年は80歳と見ましたがバイクでビュッと行ってしまっている自分が少し恥ずかしくなります。

道端には富有柿や吊るし柿が一盛いくらで売られています。スーパーの半分くらいの安さでしょうか。去年は途中でこんなお店に立寄りました。おばあさんがおひとりでやられていましたが、売り物とは別に柔らかい持って帰ることの出来ない柿を美味しいからお食べ、といわれ頂きました。絶品です。何個でも食べていきなさいと言われますが、そんなに食べれるものではありません。ひとつをゆっくりと大事に頂きました。

これで四国別格20霊場巡拝も僕の中でやっと落ち着いたものになりました。お大師さま、どうもありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

ウォーカーズ

Photo02 Photo01 NHKで四国を舞台とし遍路を通して人間模様を綴るドラマがスタートしました。全四話。

今日、第一話がありました。歩き遍路は遍路の中でも別格の存在です。四国巡礼の良さはその懐の深さにあります。どこの寺から始めてもいい、歩きでもバスに乗ってもタクシーでもなんでもいい、と万人を受けれてくれます。その人に出来る方法で出来るところからやったら良いとのスタンスなのです。歩き遍路を沢山見てきました。殆どがおひとりかおふたりで周られています。

ドラマにあるような歩き方をしていたら距離を歩けなくなります。みなさんは淡々と歩いています。ドラマで出てくる懐かしいお寺の風景に思わず見入ってしまいました。さてドラマはどんな展開をしていくのでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

朝日の中で

_p1000172

【お知らせ】3日から5日までの別格20霊場巡拝の記録は実際の日付に合わせてアップしています。 『カテゴリー:四国別格二十霊場巡拝』からアクセスお願いします。

11月3日から5日までの三連休を利用して1,217kmの旅をしてきました。素敵な旅でした。ハプニングもありました。僕のDSCは日本で一番オフロードに果敢にチャレンジしている?アメリカンだと思います。今日はもうおやすみですzzz

写真は7番札所『出石寺』に向かう途中の山道です。木々の間から素敵な朝日が漏れ差し込んできていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

別格巡拝~お礼参り

あとは一番最初に参らせて頂いた一番札所『大山寺』さんへ向かいます。88ヶ所の時は最後のお寺さんである大窪寺さんから一番札所霊山寺さんへ向かうタイミングでカブがパンクして大変なことになりました。今回はそのようなことにならないように願います。別格の専用地図では193へのルートを推奨していましたが、TM(ツーリングマップル)を見るとどうも252号の方がより短い距離で12号にアクセスできそうです。迷わずそちらを選択します。その後34号にぶつかるまで直進します。そして88ヶ所5番札所地蔵寺さんを左に見て北進し阿讃広域農道を西進、看板に沿って山の中に入っていきます。ここは3日前に通った道です。安心して進んでいきます。途中、お洒落な赤い自転車に乗ったベレー帽を被った若い女性とすれ違います。余りにも場違いなところにいるこの女性に目が点になります。でもお互いに首をちょこんと下げて挨拶だけは忘れません。その後、今度は30半ばの女性がなにか言いながら僕に近付いてきます。思わず身構える僕がいます。でも話を聞くと納経をして貰ったが財布を車に忘れてきて後から送ることにしたがそれも大そうなので僕に持っていってくれないか、という事でした。おやすい御用なのでお引き受けしました。彼女が細かいお金を持ち合わせていなかったので1,000円と700円を交換します。お寺に着くまでに色々とあるものです。懐かしい(といっても3日前にきたばかりなのですが)境内に自分を置くとなんとも云えない気持ちになります。これで四国108のお寺さんを無事参らせて頂く事ができました。スタンプラリーではなく、ひとつひとつのお寺さんで御本堂、そして大師堂に手を合わせ祈り気持ちをお伝えしてきたわけです。P1000571 P1000561 P1000572 P1000577 P1000583 P1000578

納経所にお礼参りに伺います。あの女性の300円はお寺に着いてすぐにお届けしました。20ヶ寺を参らせて頂いた旨をお伝えします。納経帳には『心願成就』と書いていただきます。お疲れ様と冷たい麦茶を頂きます。この後、高野山と京都東寺のいずれかを参るようにとあるので、なにか違いがあるのかお尋ねしますが、20代の可愛らしい女性のご住職は『ごめんなさい、まだ修行中の身なので』とお答え頂けませんでした。全然OKで~す。高野山に行ってきます。実は88ヶ所の際、お姿を頂戴するのを忘れていたようなのです。それもあるので高野山に行ってきます。P1000593 P1000598 板野のICからETCを装着したDSCは足取りも軽やかに入っていきます。途中、暗くなり遠くが見えなくなってきたのでメガネをかけるべく淡路SA(たぶん)に入ります。観覧車と明石海峡大橋(たぶん)がトワイライトの中に浮かんでいます。阪神高速は大渋滞でした。バイクが側道を抜けていく中、じっと車の列の中で待つ僕がいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

別格巡拝~第二十番大瀧寺

第二十番おおたきじ。

いよいよ別格最後のお寺『大瀧寺』さんです。176に抜けるルートを間違えてDSCを停めます。すると信号待ちをされていた自動車の中から『どちらに行かれますか?』と声を掛けて頂きます。僕は巡拝中は白衣を来ています。四国は遍路にとても優しいです。その方は信号が動き出しても最後までこうしてこうして・・・と言い続けてくれました。お陰さまで無事にルート復帰となりました。高松西ICを次の目標にして進みます。その後12号を東進し193を南下します。塩江温泉手前の7号線に入っていきます。大瀧寺は別格20寺の中で最も高い海抜946mの大瀧山上にあります。

山道が続きます。車も通って行きますがすれ違いには苦労しています。山側は崖ですから落ちたら大変です。対向車に道を譲っていた車がもう対向車がないのに急に止まって運転されていた方が降りてきます。あれれ?と思っていると僕に向こうの山を指差して『綺麗な紅葉ですよ』と教えてくれます。見ると山一面がとても綺麗です。『教えて頂けなければ見ることの無かった光景です。どうもありがとうございます。』と応えます。その後も分岐点がいくつかありどっちに行っていいか判断に迷うところがありました。山上を目指せばいいと知ったのは後の事でした。P1000544 P1000543 P1000547 P1000553 P1000550 P1000548

3台ほどの車が道路沿いに止まっているのでそこに大瀧寺があることが分かります。階段を数段のぼると目の前に御本堂があります。その左手には大師堂と納経所がくっついてあります。予定通り3日目にして20寺の達成です。嬉しい自分がそこにはいます。ご住職はでも淡々と納経をされるだけです。なんか一言を待っていた自分が少し恥ずかしくなりました。このお寺にはトイレがありません。山に登る前に済ませておく必要があるので注意が必要です。

さぁ、後はお礼参りに一番札所『大山寺』さんに戻ります。今度は僕には地図があります。前回の失敗は繰り返しません。DSCにも『道』を通ってもらおうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

別格巡拝~第十九番香西寺

第十九番こうざいじ。

さぬき浜街道を瀬戸内海に沿って東進します。途中瀬戸大橋の四国側入口である坂出北IC近くを通ります。でも瀬戸大橋はずっと先にあるので全く見えません。五色台の有料道路を通りトンネルと抜けると間もなく香西寺です。一度行き過ぎた道をUターンしましたが大きな鳥になるであろうその赤ちゃん(ちょっと分かり難いですね)が道端で羽をバタバタさせていました。お母さん鳥と逸れてしまったのでしょうか。

香西寺につくと仁王門前の僅かなスペースにDSCを停めます。お参りに来ている人たちに大きな声で喚いているおじさんがいます。そんなことはないのでしょうがDSCに変なことをされないか少し心配しながらおじさんを無視して進みます。人のいい方たちはおじさんの言う事を聞かれています。御本堂は残念なことに改修中でした。結構な人が来ていましたが、その奥にある仮の御本堂や大師堂には僕のほかには誰もいませんでしたP1000529 P1000526 P1000533 P1000531 P1000540 P1000538

ここでは団体さんが先に来られておりもの凄い数の納経をされていました。それをお一人で対応されていたので結構な時間を待つこととなりました。納経所を出ると赤い毛糸の帽子を被られた水子地蔵さんが昼の陽射しを眩しそうに受けていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別格巡拝~第十八番海岸寺

第十八番かいがんじ。

神野寺から200号を戻り善通寺を経由して瀬戸内海に出ると海岸寺があります。善通寺は大師様の生まれ故郷でその境内の大きさには驚いたものです。88ヶ所のうちで一番賑やかなお寺です。今回は心の中での挨拶だけにとどめます。P1000505 P1000499 P1000511 P1000510 P1000519 P1000514

海岸寺はちょっと変わったお寺さんです。それは別格の地図でも唯一縁起とともにお参りの仕方まで触れていて、みんなが歩いていた昔も海岸寺はちゃんんと回っていたのに最近は知らず寄らずが多い、本堂だけ回るのは高野山で金剛峰寺だけ参り奥の院に参らないと同じでここでもちゃんと奥の院まで回れとか、お土産も安く揃っているし泊っていけだとかが記述されています。なんか艶っぽくありすぎます。お寺さんにはもう少し枯れていて欲しいと勝手に思ってしまいます。

海岸寺の仁王門には仁王様ではなく力士がまわしをしめて仁王立ちしています。まずこれに驚かされました。門をくぐりその先の海を見に行きます。山から海に出てくるとまた気持ちが新たになります。御本堂でお参りを済ませ、納経を頂きます。住職さんは100円玉を机の上一杯に広げ計算中です。少し待つように言われます。その後ご住職が『さっきの団体さんにはしなかったがあなたにはやってあげよう』と言われるので良く分かりませんでしたがお礼を言って様子を見ていましたら、どうも奥の院さんの分まで納経してくれているようです。もちろん代金は倍の600円です。納経帳を手渡される時、このあと奥の院さんにも行ってくれと言われます。なんかすっきりしませんでしたが、言われるまま70m離れている奥の院さんまでタバコ屋の角を曲がればいいと教えてもらいDSCを走らせます。奥の院さんは素敵でしたが、ここでも納経所があります。もし貰うならこちらで頂きたかったとチラッと思いました。まぁ、地図の記載事項を読んでいると『らしい』といえば『らしい』のですが。いけない、いけない、悪口にはなっていないでしょうか。気持ちを穏やかにして回らなければなりませんP1000520 P1000515 P1000524 P1000522

| | コメント (2) | トラックバック (0)

別格巡拝~第十七番神野寺

第十七番かんのじ。P1000491

神野寺へは377に戻りあとは200号にぶつかったら南下して日本一のため池である満濃池を目指せば行くことが出来ます。でも200号に入ってからまだ無いの?と不安になり途中で道を尋ねたりしました。でも別格寺院は知名度が低く御存知ではありませんでした。池に隣接してお寺はありました。入口にDSCを置かせてもらいます。

短い参道の先に御本堂があります。左手の小高いなったところには弘法大師様の立像があります。御本堂よこの納経所にはちいさなちいさなおばあちゃんがいらっしゃいます。朱印を押すにもよいこらしょっとしなければなりません。おばあちゃんには大変です。なにかもう少し楽に出来るように工夫してあげて欲しいものです。DSCに戻ると昨日お会いしたご夫婦とすれ違い挨拶をさせていただきます。P1000492 P1000485 P1000493 P1000486 P1000494 P1000497

| | コメント (2) | トラックバック (0)

別格巡拝~第十六番萩原寺

第十六番はぎわらじ。

P1000469 32号を北上し大規模農道(奈良や和歌山にもありますが結構立派な道なんです)を経由し377に入り西進します。途中67番札所大興寺さんを左手奥にします。懐かしい。萩の丘公園を目印に左折しますがどんどん道が細くなっていきます。うん?ちょっと違うな・・・僕の左脳が働きます。タイミングよく作業服を着た方がプレハブの建物から出てこられたので道を尋ねます。やはり違っていたようです。どうも道を一本早く折れてしまったらしいです。入口まで戻りやり直しです。看板が見えてきます。良かった。

素朴な感じのするお寺です。ちょっと手入れが行き届いていないようですが僕はこんな感じも嫌いではありません。特に大師堂の雰囲気はなかなか良いです。萩の季節にはその名所として沢山の人が来られるみたいです。団体さんが来られます。うるさいのは仕方ないとしても納経帳をバスのガイドさんやツアーコンダクターが団体分を纏めて納経所に持ち込まれるのでその後になってしまうと大変です。寺によっては個人優先とするところもあれば、個人団体の区別は一切しません、と張り紙を貼っているところもあります。いずれにせよ団体さんより先に納経をお願いするのが肝要です。場合によってはお参りの前にしないとならないこともあるかもしれません。そんな時は大師さんに心の中で後からお参りさせていただきますから、とお断りすればいいと思います。でもご住職によってはそんな行動をお見通しでお参りしてからにしてください、とビシッと言われることもあります。そんな時は素直にお言葉に従いましょう。僕はしませんでしたが別格20ヶ所を巡る人の中にはお念珠だけを集めるような人もいると聞きます。P1000473 P1000467

ここでの納経はお土産屋も兼ねるような場所で立ちながらされました。なんかありがたみが少なく感じました。 P1000482 P1000475 P1000477 P1000483

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別格巡拝~第十五番箸蔵寺

第十五番はしくらじ。

いよいよ今日が三連休最終日です。今日で別格20霊場の残す6寺とお礼参りの1番札所の計7ヶ寺を回りたいと思います。高野山へのご報告は後日となりそうです。P1000415 P1000410

持参した目覚まし時計は電池切れで動いていません。ベットの枕元にあるアラームをセットしていましたが目覚ましが鳴る前に目が覚めました。朝食を部屋の小さな机で食べ終えると地下に停めさせて貰っていたDSCをフロント正面に移動させ、テントや寝袋をセットします。少し寒い朝の中を吉野川に沿って風を切って走ります。朝のまだ身体のほぐれる前のライディングのひと時は緊張感も伴い神経が隅々までアンテナを巡らし結構好きな時間です。

箸蔵寺には通常ロープーウェイで上って行きます。右手にロープーウェイ入口が見えてきます。ただ8時から運転開始です。寺では7時から納経を受け付けてくれますのでこの1時間差は僕にとって貴重です。駐車場にいた工事の作業員の方達に上までいく道を尋ねます。本坊まで行く道もあるけれど少しややこしいとのことで途中までの道を教えていただきます。最初の戻るような右折の道に入っていきます。途中高校の農業実習場を見ながら、高度を上げていきます。車一台がやっと走れるほどの広さしかない道です。仁王門の下にあるロープーウェイの中継地でバイクは終点となります。P1000423 P1000419 P1000430 P1000429 P1000443 P1000438

その後、赤く塗られた鞘橋を過ぎ、先が見えない気の遠くなるような階段を上っていきます。途中で何回休んだでしょうか。最後の本坊に着くまでの階段は一直線に延びていて叩きのめされるような感じです。やっと本坊についてほっとする間もなく、まだ御本殿への階段が残っています。その数なんと278段です。これは後からご住職からお聞きした数です。その前の階段は500数十段(正確な数字は教えていただいたのですが忘れてしまいました)あるとのことでしたので全部で800段程の階段を上った事になります。もう一生分の階段を上ったようです。(少しオーバーでした) 下界は雲海の中にあります。誰もいない境内は清々しく気持ちはもう最高でした。御本殿と御御堂でお経をさせて頂いて納経所に寄らせて頂きます。P1000450 P1000446 P1000463 P1000436 P1000457 P1000433

帰りはスキップこそしませんでしたが楽チン楽チンでお寺の霊気を沢山貰いながらゆっくりと下りていきました。仁王さん達に挨拶をして階段を下りるときに転んでしまいました。足を挫くような転び方でしたがくるぶし上まであるライディングブーツ(実はトレッキングシューズ)でしたので助かりました。危ない危ない。最後まで気を抜くことは許されません。

箸蔵寺は『こんぴらの奥の院』として金比羅信仰の中心をなしていて『箸供養』の法要は全国的にも知られています。本当はここの宿坊に泊りたかったのですが時間も押していて迷惑をかけるのも嫌でしたので今回はパスしました。精進料理なども一週間前までに予約すれば用意してくれ朝夕には護摩祈祷も受けることが出来ます。いつかゆっくりと来てみたい所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)